旬の食材を堪能する「ばら寿司」作りに挑戦

  • 2016/5/26

四月後半から、五月は一年のうちで、もっともたくさんの花が咲く季節。学校や職場などの新しい環境に、すこしずつ慣れてくる頃ではないでしょうか。けれども、同時に緊張がほぐれてきて、一気にだるさを感じるときでもあります。
ゴールデンウィークは、そんな鈍い疲れを発散させるのに、ちょうど良い時期。 
遠出をするのも楽しいものですが、おうちでも手軽に非日常な感覚を味わうこともできますよ。

たとえば、山椒の新芽を摘んできて、「ばら寿司」を作るのはいかがでしょうか。
「ばら寿司」は、岡山県の郷土料理です。ちらし寿司に似ていますが、火を入れた材料だけで調理をする、ちょっとめずらしい寿司です。もちろん、本格的なものになれば、とても手が込んでいて、仕込みにも数日かかってしまいます。
ですが、「ばら寿司」を作る一番のコツは「楽しむこと」です。とくに難しい決まりはありません。
地元では、今でもハレの日や、祭りの定番メニューです。縁起が良く、体にもやさしいのが嬉しいところ。

冷蔵庫の整理と、気分転換をかねてチャレンジしてみませんか。
早速、おおまかなレシピを紹介しましょう。

①まず、炊飯器に昆布と日本酒を入れて、ごはんを硬めに炊きます。
そして、酢と砂糖をくわえて寿司飯にしてください。このとき市販のすし酢でもかまいません。また八朔や甘夏柑のような、酸味の強い柑橘類をかわりに使うこともできます。さらに、寿司飯に炒った白ゴマを混ぜ合わせてるとコクが出て、小さなお子様にも食べやすくなるのでおすすめですよ。
 
②次に、茹でた烏賊と蛸を微塵切りにしたものを混ぜ込みます。お好みで、ちくわや、にんじんを追加してもおいしいですよ。

③ここからは、ごはんに混ぜるのではなく上にのせていきます。デコレーションケーキの飾りつけを連想させる、この作業は、こども達もはりきってお手伝いをしてくれます。
寿司桶にごはんを平らにもりつけ、その上に、錦糸卵、炒めたえんどう、あなご、海苔の順にバランス良くおいていきましょう。

④最後に山椒の新芽を散らして完成です。

手軽にできて、見た目にも、鮮やかで豊かな気分が味わえますよ。酢は、クエン酸が含まれていて、肉体疲労に即効性があります。ごはんのカロリーが気になる方は、雑穀米で作っても歯ごたえがあって良いですね。芸術品のような「ばら寿司」ができる過程は、なんだかテンションがあがります。
えんどうや山椒の、旬の素材を存分に堪能できて、さらに健康になれる「ばら寿司」作りに挑戦してみませんか。 

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. モテる
    あなたは今たくさんの男性からお誘いをうけていますか? 男性からモテると毎日がとても楽しくなりますし…
  2. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  3. ダイエットに成功した女性
    女性の多くが一度はやろうかな・・・と思ったことのあるダイエット。ただ、中途半端な気持ちだとなかなか続…
  4. (著作権:foto*co、画像元:http://freephotos.jugem.jp/?eid=4…
  5. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る