簡単でおいしいフランス家庭のサラダレシピ

  • 2016/7/15
サラダニソワーズ

これからの季節にピッタリ、ツナ缶を利用した簡単でおいしいフランスのサラダレシピ

だんだん温かくなってきましたね。みなさん今日は何食べようか?いつも悩みませんか?
そんな皆様に朗報!簡単でおいしいフランス家庭でよく食べるサラダ(前菜)を紹介します。
まずはこちら

●サラダニソワーズ
フランスのニース地方の定番サラダです。
2人分
サラダ お好みのレタス5~6枚 ベビーリーフなどもお勧め トマト1個 ツナ缶1個
ゆでたまご2個 ブラックオリーブ数個 アンチョビ数枚 ゆでたインゲン(お好みで)

綺麗に盛り付けして出来上がり。最後にビネガードレッシングをかけて。
フランスでは市販のドレッシングもありますが、ほとんどの家庭でドレッシングもつくります。空き瓶にサラダオイル、シードルビネガー、マスタード、塩、こしょうを入れて
振るだけ。これでおいしいビネガードレッシングの出来上がりです。
普通のお酢やワインビネガーレモン汁をつかってもOKです。

●クスクスのサラダ
クスクスとは?マグレブ地域(北アフリカなど)の重要な食べ物で、デュラム小麦粉からつくられた1mm程度の粒状のパスタ。日本だと大型スーパーや輸入食品がおいてあるお店で見つけることができます。

材料:2人分
クスクス200g 玉ねぎ1/4 トマト1/2 キュウリ半分 ツナ缶(またはスモークサーモンなどでもOK)パセリ(お好みでミントやパクチーをいれても)塩 胡椒 クミンパウダー レモン汁 オリーブオイル

クスクスは同量の沸騰したお湯を注いで蒸らすこと10分。この時オリーブオイルと塩を少し入れます。蒸らしてから時間がたちすぎると固くなるので10分経ったら、ほぐすようにかき混ぜます。すべての野菜を小さめのみじん切りにして、あら熱が取れたらクスクスに混ぜます。最後に塩、こしょう、クミンパウダーで味を調え、レモン汁少々、オリーブオイル、パセリをいれて出来上がり。よく冷やして食べるのがお勧めです。

●ライスサラダ
皆さんライスサラダって聞いたこと、食べたことありますか?
最初はえっ??ご飯のサラダ?と思ったんですけど、食べてみると意外とおいしい!
残った冷ごはんでささっと簡単サラダが作れます。
2人分
ご飯の残り お茶碗一杯 トマト1個 玉ねぎ半分 ツナ1缶 パセリのみじん切り
アボガドを入れても

残った冷ごはんはさっとお水で洗う。みじん切りにしたトマト、玉ねぎ、パセリとツナを混ぜるだけ。塩、こしょう、オリーブオイル、レモン汁で味を調える。

最後にフランスの定番の定番サラダ(ツナ缶なし)

●トマトとモッツアレラのサラダ 
2人分
トマト2個 モッツアレラ1個
うす切りにしたトマトとモッツアレラを重ねる。塩、こしょう、オリーブオイル、ビネガーを少々かけてバジルをのせる。(乾燥バジルでもOK)

フランスではこちらすべて前菜になりますがランチならワンプレートで頂けます。
簡単でおいしいレシピ。みなさん是非、試してみてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…
  2. いちごジャム
    ○実は簡単!手作りジャム ジャムを手作りしたことはありますか?出来立てあつあつのジャムをアイスクリ…
  3. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  4. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  5. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  6. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  7. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  8. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  9. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  10. 外から、帰ってきたら「うがい」「手洗い」を徹底しましょう」 「身のまわりを清潔にたもちましょう…

カテゴリー

ページ上部へ戻る