「アメリカ美人」の条件って知ってる?

  • 2016/9/14

アメリカの女性は身体にピッタリした服を身に着け、胸を大きく出して、ミニスカートで足もむき出し。おデブだってご多分に漏れずボディコンやってるから、これが流行りなのだと思うけど、こぞって化粧は控え目なのです。

マスカラでもともと長いまつ毛を強調してはいるけれど、普段は口紅はしていません。だから日本や韓国からアメリカに来たばかりの女性は、すぐにわかります。ファウンデーションが濃いめということもあるけど、必ず派手な口紅と目の周りの化粧が念入りですから。アメリカの女性はとても自然派が多く、パーティの時以外は化粧は控え目です。

ただし、きれいな歯並びと歯の白さはとても気にしています。日本で可愛いと思われている八重歯はNG。歯並びが悪ければ小さい頃に矯正してしまいます。小学生でブレース(矯正装置)をつけている子も多いです。そして学生や大人たちは男性も女性もこぞって歯の白さを心がけています。何といってもアメリカで美人の条件は、きれいな白い歯ということになります。

歯医者でホワイトニングをしてもらうと、500ドル(研修医)~750ドルかかりますが、近くのスーパーやドラッグストア(薬局)でホワイトニング用品が簡単に手に入るので、一般にとても普及しています。日本では歯医者の処方箋が要るホワイトニングですが、アメリカでは自由に手に入れることができるんです。

スーパーやドラッグストア(薬局)では歯磨き粉売り場の近くに、必ずホワイトニング用品が陳列されています。マウスピース(歯形)にホワイトニング用のペーストを塗って歯に装着する方法と、ホワイトニングの加工がされた透明のフィルムを歯に付けるものがあります。20~30分待って外し口をすすぎます。どちらかと言えば、簡単な後者をお勧めします。毎日繰り返しているうちに次第に歯が白くなっていくのがわかります。事実、夏場に日焼けした顔に真っ白な歯は最高に魅力的ですよね。

日焼けといえば、アメリカでは日焼けした肌をしている人はバケーションを楽しむ余裕があったという一つのステータスになり、お金持ちの特権でもあります。なので学生やバケーションの余裕がない人達は、日焼けサロンに通ってわざわざきれいな白い肌を焼いてしまうのです。ネイルサロンとともにアメリカでは爆発的な人気ですよ。

所変われば、美人の条件も変わるアメリカ。ハワイでの美人の条件は「ふくよかなこと」つまり「おデブ」ってことです。太っていても堂々としていられるハワイは気楽ですね。
しかし、おデブはビジネスには大敵。喫煙とともに肥満は自分をコントロールできないと見られ、とても不利になります。そういえば、できる男や女におデブは見かけませんね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  2. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  3. 脱毛
    私は、初回限定のSパーツ脱毛4回2000円のコースを申し込みました。 やはり、仮に他の箇所を正…
  4. 脱毛
    剃っても剃っても生えてくる無駄毛を我慢していましたが友達が脱毛サロンで処理したらとても楽になったとい…
  5. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  6. ネイルアート
    気軽に指先のオシャレが楽しめるネイル。でも、毎回ネイルサロンに足を運ぶと出費が地味に辛いな・・・だけ…
  7. アレクサはすっきりスマートで、ジャケットやレトロ感のあるワンピースが好きなようで、よく着ていますよね…
  8. 夏のしい外線対策はばっちり!と思っていて見逃しているのがリップケアではないでしょうか? 2年くらい…
  9. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  10. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る