結婚したいアナタへ。婚活する前に恋をしよう!運命の彼と出会う方法

  • 2016/11/2

「そろそろ結婚したいな」そう考えているアナタ、そのために何をしようと思っていますか?
今日においては、多くの女性は、特定のパートナーいなければ「婚活」と思うのではないでしょうか?
確かに結婚をしたいのなら、婚活が一番合理的かもしれません。
しかしそれで本当にいいですか?出来れば運命の彼に出会って、恋に落ちてそして結婚したいのではないですか?
それなら、婚活ではなく恋をしましょう!
運命の彼と出会う方法とは・・・?

■婚活しても恋愛は出来ない
婚活と言うのは一般的に、婚活サイトに登録したり、結婚相談所に登録したり、知り合いを通してお見合いをセッティングしてもらったり、ですよね?
出会うお相手も「結婚したい」と考えていると言うのが特徴です。
二人の希望が一致しているのですから、出会ってから結婚までの期間は短く「結婚」をゴールと考えるならこれほど合理的な方法はありません。
しかし、目的が「結婚」なので、そこに恋愛感情が生まれるかどうかは・・・未知数なワケですね。
もちろん、結婚に恋愛は求めていない!と言う方なら問題はありませんが、少なくともこの記事を読んでくださっている方は、多少なりとも「恋愛」に未練があるのではないでしょうか?
それなら、結婚したい!と言う気持ちも大切にしながら恋をしませんか?

■電撃結婚が存在する理由
電撃結婚と言うのは、婚活した結果・・・と言うより、「この人だ!」と思った相手に出会い恋に落ち、そして結婚した、このケースが多いのではないでしょうか?
つまりそんな相手にさえ巡り合えば、婚活を経ての結婚と同じもしくはそれ以上のスピードで「結婚」だってありえるんですね。
一生に一度と言うくらいの大恋愛をしたのちの結婚、少女趣味と言われようとやはり女性なら憧れてしまうのではないでしょうか?

■運命の彼に出会うには?
「運命の彼」なんて言うと、ついスピリチュアルな世界を想像してしまいますが、違うんです。
人間は「共通点」を見つけたり「同じ体験」を共有する事で’シンパシー’が生まれ、その相手に好感を抱くと言う事が明らかになっています。
まわりで結婚に至ったカップルを見てみてください。
共通の趣味があったり、同じ業種だったり、出身地が同じだったりと言う事はありませんか?
もちろん、自分とは正反対の人に惹かれると言う事もありますが、それはどちらかと言うと「刺激」なので、一時激しく燃え上がるような恋はしますが、その情熱が醒めると、関係自体も変わってくる事が多いと言われています。
逆に「シンパシー」を感じる相手とは、常に心がつながったような安定した関係を築く事が出来ます。これってまさに結婚向きだと思いませんか?

■まずは行動範囲を広げて!
「婚活」を考える方の多くの方が口をそろえて言うのは「出会いがない」と言う事。
しかし毎日同じ生活をしていれば、なかなか新しい出会いと言うのはありませんようね。そうなると、結婚相手も見つかるワケがないんです。
なのでぜひ行動範囲を広げてみてください。
・趣味のサークル・カルチャースクールなどに通う
・一人参加の旅行に参加する
・資格セミナーに参加する

そこで出会った相手とは、すでに「共通項」があるので、シンパシーを抱きやすく恋愛関係に発展しやすいんですよ。
なので、ぜひ行動範囲を広げてみましょう。
ポイントはあくまで「自分が(本当に)好きなコト、興味あるコト」です。
条件の良い男性が集まりそうだから・・・なんて理由で選ぶと、自分はちっとも楽しめず、それでは恋に落ちるどころじゃありませんから・・・。

■そして最高に美しい自分になろう!
最後にもう一つだけ大切な事を!
女性たるもの、いつでも「最高に美しい」自分でいましょう。
自分に自信を持つと、自然に背筋が伸びアナタをさらに美しく見せてくれます。
ですから、メイク、ファッション、髪型など、自分に一番似合うものを、一度専門家のアドバイスを貰うのが効果的ですよ!
例えば好きな色が実は自分には似合わない色・・・と言う事はよくあります。

いかがでしたか?結婚したいと考えているアナタ、婚活をする前に恋愛しましょう!
運命の彼は、意外にすぐ側にいるかも・・・!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  2. 最果て
    グローバル化がすすむ中で日本人に求められていることはなにか? といった議論はあちこちで耳にします。…
  3. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  4. (著作者:Yoshikazu TAKADA) 冬から春に変わりつつある季節の変わり目には、衣替えと…
  5. ダイエットといえば、まず最初に思いつくのは、食事を制限する方法だけど、この方法だけでは、筋肉が鍛えら…
  6. Malaysia
    私は韓国からマレーシアに移住しました。 まず、韓国人なのになんで日本語がしゃべれるかとよく聞かれま…
  7. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  8. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  9. (著作権:foto*co、画像元:http://freephotos.jugem.jp/?eid=4…
  10. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る