春夏にピッタリ!軽いつけ心地のおすすめ香水

  • 2017/5/8

女性と男性に関係なく、多くの方々が季節に合わせて様々な香水を使っていますよね。それほど季節によって似合う香りも変わるということですが、特に今のように春と夏の間に挟まっているような季節にはどんな香水をつければいいのかあいまいだと思う方もいらっしゃいます。それで今回は春と夏を感じることができる香水について紹介します。

CKの「ワンサマー・オー・デ・トワーレット」

リミテッド・エディションとして新たに誕生した製品でもあります。全体的なボトルも青色に涼しい感じを与え、それと同時に昇る太陽を表現したようなポイントが非常に魅力的なんですが、シトラススパイシーフルティー系列で、ライムとシトロン、キュウリのトップノートと辛いペッパートリオのミドルノートに埋められており、仕上げはマスクと欧亜薬、シャプロンを通じて情熱あふれる砂漠のエネルギーを感じられます。普段、さわやかな香りが好きな方なら非常に好むのと思われる香水なのでぜひ使ってみてください!

グッチの「バンブーリミテッド・エディション」

アレッサンドロ・ミケレの現代的な感覚がボトルに反映され、さらに感覚的なデザインを誇る製品です。今のような季節に似合うように作られた製品であるだけに限定版なので常時販売されている製品ではないですが、良いにおいのフローラルの香りとともにすっきりとして頭を清くしてくれるバンブーの香りが絶妙に調和を成して、春につけるにも、だからといって夏につけるにも負担にならない爽やかな香りを醸し出している香水です。

ジョー・マローンロンドンのスターマグノリアコレクション

に暖かい春のような雰囲気を醸し出しているこの香水はコロンとともに、ヘアミストも一緒に発売するというのですが、重すぎない香りで夏にかけるにもいいですし、ジャスミンと調和をなした甘い果汁が弾けるように鼻の先端を刺激する豊かな香りを披露する香水です。
それだけでなく、オレンジブロッサム、レモン、生姜、紫蘇の葉が加わり、奇抜で魅惑的な香りを漂わせる製品なので、女性らしい雰囲気を好む方でしたらこの製品を一度使ってみてください!

ゲランのモンゲラン

ーラ・ラベンダーと調和して、ミューズである アンジェリーナ・ジョリーのイメージを連想させてくれるけど、勇敢ながらも柔らかく、強いけれど繊細で官能美と かわいらしさを同時に感じることができる香りだからか、若い女性から中年女性まで年齢に関係なく気楽に使用できる香りを持った製品です。このような雰囲気を象徴するように、可愛いながらも、それと同時に優雅さを感じられるボトルもこの香水の魅力の一つです。

性別に関係なく、多くの方々が服を着るように頻繁に使っている香水。今回は今の時期にお似合いな香水について紹介いたしました。色々個人に趣向もあると思いますが、この内容を参考にして、自分に似合い、この季節にかけても不自然ではない香水をチョイスしてみてください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…
  2. ハーブコーディアル
    芸能人のSNSなどで話題となったハーブコーディアルって知っていますか?見た目もおしゃれで誰かのプレゼ…
  3. 脱毛 足
    今から1年前、念願だった脱毛に通い始めました! 昔から自分のムダ毛が本当にコンプレックスで、約…
  4. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  5. スプーンにのった塩
    男性 11,4g 女性 9、6g この数字・・・・なにを表していると思いますか? 実は・…
  6. ダイエットといえば、まず最初に思いつくのは、食事を制限する方法だけど、この方法だけでは、筋肉が鍛えら…
  7. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  8. 香水
    いい香りは自分の気持ちを幸福にさせ周囲の人をも魅了する力があります。 香水の世界を楽しみましょう!…
  9. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  10. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…

カテゴリー

ページ上部へ戻る