さし色が決め手 ピンクを取り入れたファッションテク

  • 2017/5/24

実は、今とてもピンクが流行していること、みなさんご存知ですか?

ピンク色のイメージは、なんとな~く手につけるのをためらってしまうようくらい可愛らしい色ですよね。
ちょっとラブリーな印象だし、ちょっと私には挑戦できない色かも…。なんて、購入を諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、私もその一人でした。なんとなく「かわいらしい女の子」みたいなファッションって勇気が出ないんですよね…。

そんな方におすすめなのは、ちょっとしたさし色として使うピンク。
がっつりトップスがビビッドピンクのワンカラーのものだったりすると、ちょっとためらってしまう…。という方も、ちょっとしたワンポイントとして使うのはとってもかわいいし皆さんも真似できちゃいます。

★ピンクのカーディガンをちょっとしたワンポイントに
白のスキニーにオフホワイトのシャツというシンプルなスタイルにカーディガンを肩に羽織ったり、
黒のスキニーに白のシャツというモノクロスタイルにカーディガンを肩巻きにしてちょっとした抜け感を。
シンプルすぎてしまったり、ちょっとガチッと決まりすぎてしまった時のちょっとしたワンポイントとして使えば簡単に上級者になれちゃいます。

★夏に挑戦したい!ピンクのロングスカート
ビビッドピンクのロングスカートに、ボーダーのシャツを合わせると夏らしさ抜群◎
スニーカーに合わせるのももちろん、黒や白などシンプルな色のパンプスと合わせてもかわいいです!
暑い夏もこれで鮮やかに彩っちゃいましょう!

★思い切ってトップスをカラーに
白いスキニー、靴は黒などシンプルなスタイルにすれば、思い切ってトップスをカラーにしてもさわやかな印象に。
周囲とは頭がひとつ抜ける斬新なおしゃれさんに簡単になれちゃいます。

★まず初心者さんは小物から挑戦しちゃいましょう
やはりこのような派手な色って、挑戦するのにはちょっと勇気が要りますよね。
ということで、まずは初心者さんは小物から挑戦するのがおすすめです!
例えば…ワントーンコーデ(黒)のさし色としてピンクのパンプスを履くと、かっこいいスタイルのなかでピンクが一気に華やかさを演出しカッコ可愛いスタイルがつくれちゃいます。
足元の色だけで全体のファッションは大きく左右されます。勇気が出ない方はまず足元から変えてみましょう。

★上級者!ワンポイントだけど難しい?ストールでおしゃれに
ちょっと上級者さん向けになるかもしれませんが、小物でもうひとつおしゃれに見せるためのものがストール。
重たい印象になりがちだったりワンパターンになりがちなファッションも、ストールの有無でだいぶ印象が変わります。
ストールは一年中使えますので、ひとつあるだけでもとっても便利!
着用するだけで一気に印象をがらりと変えてしまうピンクのストールにも挑戦してみてはいかがでしょうか?
そして、ストールと足元の色を一緒にするとなおオシャレ度がアップ!ぜひお試しあれ。

★絶対NG!カラーにビビッドカラーを合わせる!
一番やってはいけないのが、ビビッドカラーという派手な色に、さらに派手な色を重ねてしまうこと。
最近の流行は「ちょっとしたワンポイント」だったりするので、しつこいのはNG!悪目立ちしちゃいますよ!
特にグリーン、レッドなどは相性最悪。うっかり使ってしまわないよう注意しましょう!

いかがでしたか?
ちょっとひと工夫くわえるだけで、あっという間に簡単におしゃれ上級者さんに変身できちゃいますよ。
手を出すのをすこしためらってしまうような色を上手に着こなせる女性って、とっても魅力的ですよね!
今年の夏、ひと手間くわえたビビッドピンクのおしゃれさん、目指してみませんか?

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. どちらもコーヒーにミルクを、たっぷり入れて飲むものだと思うのだけど、 いまいち違いが分からない・・…
  2. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  3. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  4. ウェディングドレス
    結婚式の主役と言えば、ずばり花嫁さんですよね! 一生に一度の晴れ舞台、憧れていた真っ白なウェディン…
  5. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  6. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  7. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  8. 姑と同居ってどうなのかな? 抱えるストレスとか・・・。 育児に関しての口出しとかあるのかな? …
  9. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  10. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る