女子力を上げる!大人の女性の素敵な言葉遣い!

  • 2015/8/21
好感の持たれる会話

今すぐ実践できること
ついつい出てしまう口癖って誰にでも1つはありますよね。
異性の前や職場では気を付けていても、プライベートで使っているとついつい口に出てしまうことも。
素敵な女性とは見た目もよりも内面です。内面を磨けば自ずと外見にも影響して気づけば素敵な大人の女性に!
本当に?と思われる方もいるかもしれませんが、言葉遣いの綺麗な女性と言うのは同性からも好意的に見えます。
丁寧な言葉遣いはもちろんの事、言葉の選び方1つでも印象がガラリと違います。
これらは今すぐ実践できることですので、ぜひ参考にしてワンランク上の大人の女性を目指しましょう!

嫌いより“苦手”を使う
例えば嫌いな食べ物は何?と聞かれたときにどう答えますか?
ピーマンが嫌いな人であれば「ピーマンが嫌い」と言うでしょう。
でもここで嫌いを“苦手”にすると印象が変わります
嫌いと言う言葉はマイナスの言葉でそのままのイメージを相手にも与えてしまいます。
しかし「ピーマンは苦手」と言うだけでちょっと柔らかく聞こえませんか?
苦手と言う言葉は改善をする気持ちがあるように聞こえるからです。
嫌いと完璧に拒否してしまうよりも、苦手と少し受け入れる姿勢を見せるだけでグッと印象は良くなります。
ぜひ何かを嫌いと言いかけた時は“苦手”を使ってみて下さい!

男言葉は絶対に使わない!
マジヤバイ○○じゃね?うまい食う。これらの男言葉と言われるものを使う女性は多いですよね。
中高生でヤンチャな時期なら分かりますが、大人の女性が使うのは絶対にダメ!
男性は人にもよりますが基本的に女性には女性らしさを求めています。
それなのに良いなと思った女性が男言葉を使っていたら…100年の恋も冷めますよね。
異性の前ではもちろんですが、大人の女性でしたら家族や友人の前でもなるだけ控えた方が良いですね。
同性から見ても男言葉を使う人は品が無いように見えてしまいます。

女子力や女子会などの言葉はNG
仲間内でよく使われる女子力や女子会と言う言葉。
同性の友人間で使うには問題がありませんが、異性の前ではNGです。
女性からしてみたら「なんで?女子会なんてごはん会みたいなものなのに」と思うかもしれません。
ですが男性から見ると下ネタを遠慮なく話している・男の品評会・愚痴大会などとかなりマイナスなイメージを持った言葉なのです。
そんな事していない!と言う方も男性の前では使わない方が良い言葉です。
女子力についても雑誌に載って流行った言葉をそのまま使っているような、何だか頭が悪いイメージがあるようです。
女子力とは口に出さずにそっと自分で磨くもの!そう思ってこっそり自分磨きをしましょう。
NG表現

どうして?何で?はNG
土曜日に約束していた恋人が「ごめん、土曜日はダメになっちゃった」と言ってきました。
あなたならどう答えますか?
素直に疑問に思い「どうして?何でダメになったの?」と聞いてしまいますよね。
確かに約束をしていたのですから、聞いて当然だと思います。
ですがそこは1度冷静になってグッと我慢して「どうしたの?仕事入っちゃった?」と聞きます。
どうして?や何で?と言う言葉は、そういった意味で口にしていなくても責められているように相手は感じます。
そこでどうしたの?大丈夫?と相手側に立って疑問をぶつけるだけで、相手も「悪かったな…」と感じます。
人は自分に非があっても責められていると感じると、意固地になってしまうものです。
そこは自分が大人になって質問してあげましょう。

嬉しい、楽しいは素直に口にしよう!
同性・異性間でも言えることですが、プラスの言葉を口にする人の周りに人は集まります。
嫌い・面倒くさい・つまらない。こんなことばかり言う人の傍にはいたくありませんよね?
それよりも好き・楽しい・嬉しいなどプラスの言葉を積極的に使う人の傍は居心地が良いものです。
もちろん出先でも楽しく過ごしたことが大前提ですが、誰かと遊びに行った時の帰り道。
「今日は楽しかったね!また今度どこか行きたいね!」と言うだけで相手には好印象のまま残ります。
みなさんもぜひ別れの際には「楽しかった」など素直に口にしてみましょう!

ありがとう
ありがとうの威力はとても大きいってご存知ですか?
日常的に使う言葉ですがその使い方によってはプラスにもマイナスにも大きく影響します。
何かを人にして貰ったとき、忙しいと目も見ずに「ありがとう」を使ってはいませんか?
これでは言わないのと一緒!それよりも印象が悪くなることもあります。
誰かにお礼を言う時はきちんと相手の顔を見て!
これは基本中の基本ですが、これだけで印象がガラリと変わります。
きちんと目の前にいる人に“ありがとう”を伝えることができます。どんなに忙しくてもこれだけは気を付けましょう。
そしてもう1歩進むなら、ありがとうにプラスしてお疲れ様・大変だったでしょ?・助かったよなど相手を労う言葉を付け加えます。
これだけで相手はまたこの人の為に何かしてあげようと言う気持ちになります。
職場・プライベートなど、どこでも使う言葉だからこそ気を付けたいですね。

気を付けていればすぐに実践できる言葉遣いや言い回しをご紹介しましたが、いかがでしたか?
内面の美しさは見た目にも影響します。ですので内面を磨かないとすぐにボロが出てしまいます。
人として、女性としてワンランク上を目指しましょう!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ドクダミは森林公園などに遊びに行った時などに、道端に生えていたりしますし、自宅の庭にも自生していたり…
  2. オシャレな人が着ている服ってどれもがステキに見えたりしませんか? オシャレな人の服=高価な服。 …
  3. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  4. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  5. これからの季節、どんどん肌の露出が増えてくる時期になりましたね!冬の間に育ってしまったムダ毛、ちゃん…
  6. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  7. 宍道湖の夕日
    北海道、沖縄、箱根、大阪..メジャーな場所への旅行は、既に何度も経験されているあなたにオススメのスポ…
  8. 脱毛
    レイビス仙台で脱毛をしてきました。レイビスの良さは20時まで入店できるので仕事の帰りでも安心して通え…
  9. 国際結婚
    国際恋愛にあこがれたことはありませんか。外国人男性には日本人男性にない魅力があったりします。国際結婚…
  10. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る