可愛い我が子のために!子育てで大切にしたい4つのこと

  • 2015/9/1

我が子は誰しもが可愛いもの。可愛いがために自分の子育ては本当に大丈夫なのか?なんて悩んだりするものです。自分自身、子育てとは?ということに悩むこともしばしば。それも当然です!なぜなら、ママも決して完璧な人ではないのですから。特に初めての子となると、ママにとっても全てが初めてです。そんな悩みがちな子育てをする上で大切にしたいこととは何でしょうか?

1.子どもと一緒に笑い、一緒に楽しむ
子どもにとって一番うれしいことは、ママが一緒にいてくれることです。どう子育てをしようかと悩むよりも、まずは子どもと一緒の時間を共有しましょう。最近では働いているママも多く、昼間は保育園で夜は家事でなかなか子どもとゆっくりする時間を取れないかもしれません。そんなときも、空いた時間は少しでも子どもと一緒にいてあげてください。家事は少しくらいサボってもなんとかなりますからね。

2.ママがたくさん笑う
子どもは私たちが思っている以上に親をよく見ています。ママがたくさん笑っている子どもは自然と自分も笑うようになります。私たちが子どもを育てるというよりも、子どもは親を見て育つと思いましょう。子どもに「あいさつしなさい!」って言っているのに、ママがちゃんとあいさつをしていなかったら子どもにとってはどっちが正しいのかわからなくなってしまいます。

3.親の理想=子どもの希望ではない
子どもにはこうなってほしいと思うのは親として当然の気持ちです。そう思うのは決して悪いことではありませんが、あくまで親の理想ということを忘れないようにしましょう。親がこうなってほしいと思ったことと子どもがこうなりたいと思うことが一致することはほとんどありません。あくまで親はきっかけづくりにしかすぎないのです。最終的には子どもの意見を尊重するつもりで、温かく見守ってあげてください。

4.愛情を他人と比べない
子どもには愛情を与えると育児書でもよく見かけます。とは言え、愛情は目に見えるものではないので何が正解かってわからないものです。そんなときに大切なことは、周りと比べないことです。あのママはお菓子も全て手作りして子どものために一生懸命やっている。それに比べて自分は・・・と思うのは違います。生活環境は人によって違うもの。まずは自分が子どもにしてあげられることをしているという自信を持ちましょう!まずは子どもを愛しているという気持ちからですよ♪

子育てをする上で、正解は誰にもわかりません。ただ一つ言えることは、我が子を誰よりも愛せるのは両親と言うことです。まずはその気持ちを大切にして、子どもとの時間を過ごしてみてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  2. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  3. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  4. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…
  5. 耳に残るCMソングで全国的にも知名度の高い富士サファリパークは、静岡県裾野市にあります。パーク名から…
  6. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  7. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  8. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…
  9. 洗濯物
    全編はこちらhttp://ca-y-est.com/?p=5840 5)ピンハンガー類を、その…
  10. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…

カテゴリー

ページ上部へ戻る