「+抜け感」ヘルシーな色気!オフィスコーデでAfter7デートも

  • 2017/2/10

仕事の山場を迎える金曜日。これが終われば仕事後はデート♪
せっかくだから褒めて貰える勝負服で出掛けたい!…そんな華の金曜日、選ぶ服って迷いますよね?
仕事はきちんとした印象で、でも夜のデートも楽しみたい!そのバランスが難しい…。

そんなお困り大人女子の方に、日中はデキる女風、夜は女の隙が生まれる「+抜け感」テクニックコーデをご紹介♪
ヘルシーな印象ながらも、少し色気を漂わせる、そんなファッションコーデでAfter7を楽しもう♪

■ポイントは「ゆる×ぴた」の上下と、手首・足首・うなじ・デコルテの「関節魅せ」
洋服の選び方のベースは、仕事でOKなきちんと服。
ここから+抜け感を出すアイテムを選ぶことで、大人っぽいヘルシーな色気が生まれます。
昼も夜も「きちんと感」は外せないので、どこかにピタっとした印象は入れたいもの。
上下ゆる~い服装はだらしなく、逆にピタっとカチッとだとキツイ印象に…。
そこで大事になるのは「ゆる×ぴた」のバランスです。

①「襟抜きワイドシャツ×タイトパンツ」でうなじ魅せ♪
仕事でよく使うタイトパンツ。上はビジネスシャツ…ではなく、トレンドの襟抜きワイドシャツをON♪下はきちんと感を出したパンツスタイルで、しっかりラインを出して美人シルエットに。上はうなじが見える「+抜け感」スタイルで、大人の余裕とラフさを出して。女性のうなじは、古来の着物姿からも伺える、女性のセクシャリティポイントの1つ。ちらっと見えた時の男性への破壊力は充分!1枚あればデートでも仕事でも、女友達とのカジュアルシーンでも大活躍ですよ♪


https://hanatorijp.thebase.in/items/4261059

②「膝下丈タイトスカート×緩めVネックセーター」でデコルテ魅せ♪
膝上タイトスカートは若い子向きで、抵抗感の出てくる微妙なアラサー世代…。とはいえ膝下タイトスカートは少し地味感?…いいえ、そんなことはありません!トップスの使い方で大人の上品さと色気が段違い!ポイントは鎖骨が見える緩めのVネックネーター。下がピタッとしてる分、上はある程度緩さをプラス。上下ピタッとコーデだと、かなり気合いが入った印象になってしまいます。セーターの緩いラインで「+抜け感」を出しつつ、デコルテ魅せで女っぽさを演出。+αで揺れる一粒ネックレスをONすれば、彼の目線を独り占め♪


https://item.iqon.jp/14046163/

③「足首丈ワイドパンツ×タートルニット」で足首魅せ♪
最近トレンドのワイドパンツ。仕事ではとっても楽だけど、デートではカジュアル過ぎ?そんなワイドパンツを女っぽく仕上げるのは、パンツの丈を足首までに抑え、トップスのピタッと感を出すこと♪ワイドパンツも種類が様々、ボーイッシュに決めるものから、レディに着こなすタイプまで様々です。足首まで隠れてしまう長いワイドパンツは、どうしてもカジュアル感が強過ぎるのでNG。足首丈とヒールの細い華奢パンプスで、足首の細さを強調して可憐な印象に♪更にトップスをタートルネックのニットで合わせれば、女性らしいボディラインをしっかり出せ、ワイドパンツのラフ過ぎる印象を無くしてくれます。


http://www.mbok.jp/item/item_492722717.html

④「袖広ふんわりブラウス×シャキっとIライン細身パンツ」で手首魅せ♪
袖広のふんわりブラウスは、王道のブラウスに比べて緩さがあるので、若いきちんとOLさんっぽい印象では無く大人っぽい上品さが生まれる良いアイテム。スカートと合わせると甘い印象ですが、パンツと合わせればデキる女風に♪緩い袖周りなので、少し腕を上げると手首がチラと見えます。華奢な手首に魅せる為に、ブレスレットをプラスしても上品に♪ただ、袖が落ちやすいので、デートでお食事する際は汚れないように所作に気をつけて。その動きもまた上品に色っぽく写りますよ♪


http://www.dholic.co.jp/Nshopping/GoodView_Item.asp?Gserial=701690

「+抜け感」テクニック、いかがでしたでしょうか?早速今週のAfter7から取り入れてみてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. カフェしながら読書
    休みの日はのんびりと、本を片手にカフェで時間を過ごす…すごく素敵な時間ですよね。 でも、通常の…
  2. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  3. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  4. 一人暮らしや主婦の方が意外と悩むのが、料理の基本。 特に一人暮らしの方などは、今までは家族が料理し…
  5. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  6. サンダル
    さあ!サンダルの季節ですねー! 履きたいブランドがいっぱいです。毎年、そのときの気分やお気に入りの…
  7. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  8. 転職
    退職する方に対して、何かしらの感謝の気持ちを表したいと思うのではないでしょうか? そんな時に、何を…
  9. 福島県いわき市湯本にあるスパリゾートハワイアンズは、常夏の屋内プールや温泉施設などからなる巨大リゾー…
  10. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…

カテゴリー

ページ上部へ戻る