今年の夏絶対に取り入れたい!流行のエスニック

  • 2017/6/19

今年のファッションの流行キーワードにボタニカル柄やパステルカラー、ロゴTやギークレトロ等沢山の傾向が有りますが、その中でもこれから夏に向けて絶対に外せないのが何と言ってもエスニックファッションですね。

特にアフリカ地域の女性が身に着けている様な鮮やかな色柄のロングスカート等のアフリカンエスニックファッションはぜひ今年取り入れたいものです。
エスニックなデザインというとやはり派手な色合いが多いイメージで何となく敬遠していまいがちですが、コーディネートの一部にさりげなく取り入れる事で、無理なく今年らしさを演出出来るのです。
そこで今回は、今すぐ使える今年流行のエスニックコーディネート例をお伝えします。

まずは無難に取り入れたい方向けのコーディネート例

エスニックファッションは取り入れてみたいけど、悪目立ちしてしまいそうで上手く着こなす自信が無い、という方におすすめなのがアクセサリー等の小物でエスニックを取り入れるという方法です。

さりげなくブレスレットやピアスをエスニック風モチーフにしてみたり、カジュアルな無地のトップスに思い切って大ぶりのエスニックデザインのネックレスを着けるのも素敵です。
アクセサリー以外にも、バッグをさりげなくエスニックなデザインにするのも洗練された印象になります。

ボトムスをさりげなくエスニックに

今度はもう少し思い切ってボトムスにエスニックを取り入れてみましょう。
シンプルな無地のトップスを合わせる事で、一見かなり派手に見える鮮やかな緑や赤のエスニック柄が上品にまとめられています。

合わせる小物も緑色メインのスカートに緑色に反射するサングラス、赤のロングスカートに肌馴染みの良いゴールドの大ぶりなネックレスと小技が効いていて素敵ですね。
パンツもモノトーン系を選べばコーディネートに悩む事も有りません。

トップスにエスニックを取り入れる

それでは今度はトップスにエスニックを取り入れたコーディネート例です。
シンプルな黒地に袖部分だけエスニックテイストになっているものや、全体がエスニック柄になっているデザインのジャケットも白いインナーに良く映えています。
特に今年は青系の色味でも、上記画像の様なアビスカラーと呼ばれる深い青色が流行色となっており、エスニックファッションにこの色を取り入れる事で更に今年らしさが出せます。

思い切ってエスニック柄のワンピースで

今度は少し難易度が高めですが思い切って全体にエスニックを取り入れたコーディネート例です。

ビビッドな黄色にこれまたはっきりとした色味の赤い模様が入ったフレアワンピースですが、一見着こなすのが難しそうな色味のワンピースを上手く黒髪とシンプルな黒のヒールサンダルで締めています。黒髪と言ってもポップなアフロヘア―にしているところがまた遊びがあって素敵です。エスニックのイメージからは想像が付かない優しいパステルピンクのワンピースですが、よく見ると柄がエスニックだとわかります。この手のピンク色は日本人の肌にも馴染みが良いですし、パステルカラーも今年の流行色の一つなのでこういった取り入れ方も技ありですね。

ターバンを合わせてみる

エスニックファッションのおしゃれ度を更にアップさせてくれるのがターバンです。
ターバンと言っても手元に有るスカーフでも良いのです。右の画像の様にラフに頭に結び付けるだけでもガラッと雰囲気が変わります。

今年はエスニックファッションで夏をエンジョイ
さて、ここまで今年流行のエスニックファッションのコーディネート例をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

一見難しそうなエスニックファッションも、シンプルな無地のものと合わせてトップスのみあるいはボトムスのみ取り入れてみたり、アクセサリー等の小物をエスニックにしてみたり等様々な小技の効いたコーディネートばかりでしたね。

普段使いで全身エスニックというのは難しいですが、リゾートに旅行に行くときなんかには思い切って全身エスニックファッションにしてバカンス気分を満喫してみるのも楽しいですよ。
【画像】https://fr.pinterest.com/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 何気なく生活の中で摂取しているシナモンですが、スパイスとしてだけではなくいろいろなもので使用されてい…
  2. シンプルなコーデほど難しい。 オシャレが好きな女の子達にとってシンプルにオシャレを楽しむということ…
  3. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  4. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…
  5. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  6. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  7. 人間関係はどこにいっても大変です。だけど、逃げてばかりいられないのが人間の辛い現実です。風水は身の回…
  8. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  9. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  10. 女性なら誰でも、ストッキングを履く機会があると思います。ちょっとオシャレをしようと思った時、ワンポイ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る