劇的な違い!ヘアカラートリートメントを知らないなんて損!!

  • 2015/5/28
ヘアケア カラーリング

おしゃれに欠かせないのが「ヘアカラー」ですね。
でもヘアカラーにつきものの悩みといえば、髪の傷みと色が抜けてしまうことじゃないでしょうか。
根元の色は定期的な根元カラーリングで乗り切ることができますが、毛先の色が抜けてしまうと困りますよね。
毛先は痛みが出やすい場所であるため、頻繁にカラーリングを繰り返すというのも避けたいものです。
そんなヘアカラーの悩みを解決してくれるのが、「ヘアカラートリートメント」なんです!
メリットがたくさんのヘアカラートリートメントは、知らないと損をしてしまうほどオススメしたいものなんです!

*ヘアカラートリートメントって?
その名のとおり、ヘアカラーができるトリートメントです。
お風呂で通常のトリートメントの代わりとして使用する「インバスタイプ」と、洗い流す必要のない「アウトバスタイプ」とがあります。
ヘアカラートリートメントはヘアマニキュア等ほどしっかりと色がつくというものではなく、使い続けることで色味が強くなったり、またカラーをキープするという目的があります。
そのため、髪を染めるというよりも髪色をキープするために使用します。

*こんな人にオススメ!
ヘアカラートリートメントを定期的に使用することで髪色をキープすることができるため、毛先の色落ちが気になる人には特にオススメです。
ヘアカラートリートメントはカラーリングで傷んでいる髪に特に色が入ります。
そのため、根元部分よりも痛みの多い毛先の方が染まりやすいです。
根元部分に比べて毛先の色が明るくなってきているなぁと感じたら、是非使ってみてください。
さらに、色の抜けやすいといわれている赤系のカラーを好む人にもオススメです。
レッドブラウンやオレンジブラウンなど、赤系のカラーリングの場合にヘアカラートリートメントを定期的に使用すれば、綺麗な髪色をキープすることができます。

*オススメのヘアカラートリートメント
人気のあるオススメのヘアカラートリートメントを数点ご紹介します。
・エブリカラートリートメント
エブリカラートリートメント
天然成分のおかげで髪にツヤも出してくれるスグレモノ。
カラーバリエーションが豊富なうえに、混ぜて自分好みのカラーを作ることもできちゃいます。
・クイスクイスデビルズトリック
クイスクイスデビルズトリック
カラーが入りやすいということで人気のクイスクイス。
しかも、1回分ずつ購入ができるので、ヘアカラートリートメントに不安を持っている人も安心ですし、いろんな色を試すこともできます。

*こんなメリットも♡
ヘアカラートリートメントは、その成分のほとんどがトリートメント成分となります。
そのため、カラーリングとは言っても髪に与えるダメージは少なく、むしろサラサラになったりしっとりとしたりと、ツヤのある綺麗な髪になることができます。
根元のカラーリングは美容室に、毛先の色落ちはヘアカラートリートメントに任せましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 持ち家?賃貸?
    30代、40代の住まいは持ち家が多いのか、借り住まいが多いのか、そして持ち家がある場合は、なかなか人…
  2. 分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、…
  3. 最近、肌の回復が遅い、高価なものを使っているのになかなか肌が 元気になってくれない・・・なんて思っ…
  4. 星座
    人間は生まれた星座によって生まれ持った性質や行動パターンが備わっています。 それは生きていく中で形…
  5. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…
  6. 脱毛
    剃っても剃っても生えてくる無駄毛を我慢していましたが友達が脱毛サロンで処理したらとても楽になったとい…
  7. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  8. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  9. 炭酸水
    炭酸水でキレイになれちゃう美容方法知ってますか? やり方は「飲むだけ」。 こんな簡単な方…
  10. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…

カテゴリー

ページ上部へ戻る