劇的な違い!ヘアカラートリートメントを知らないなんて損!!

  • 2015/5/28
ヘアケア カラーリング

おしゃれに欠かせないのが「ヘアカラー」ですね。
でもヘアカラーにつきものの悩みといえば、髪の傷みと色が抜けてしまうことじゃないでしょうか。
根元の色は定期的な根元カラーリングで乗り切ることができますが、毛先の色が抜けてしまうと困りますよね。
毛先は痛みが出やすい場所であるため、頻繁にカラーリングを繰り返すというのも避けたいものです。
そんなヘアカラーの悩みを解決してくれるのが、「ヘアカラートリートメント」なんです!
メリットがたくさんのヘアカラートリートメントは、知らないと損をしてしまうほどオススメしたいものなんです!

*ヘアカラートリートメントって?
その名のとおり、ヘアカラーができるトリートメントです。
お風呂で通常のトリートメントの代わりとして使用する「インバスタイプ」と、洗い流す必要のない「アウトバスタイプ」とがあります。
ヘアカラートリートメントはヘアマニキュア等ほどしっかりと色がつくというものではなく、使い続けることで色味が強くなったり、またカラーをキープするという目的があります。
そのため、髪を染めるというよりも髪色をキープするために使用します。

*こんな人にオススメ!
ヘアカラートリートメントを定期的に使用することで髪色をキープすることができるため、毛先の色落ちが気になる人には特にオススメです。
ヘアカラートリートメントはカラーリングで傷んでいる髪に特に色が入ります。
そのため、根元部分よりも痛みの多い毛先の方が染まりやすいです。
根元部分に比べて毛先の色が明るくなってきているなぁと感じたら、是非使ってみてください。
さらに、色の抜けやすいといわれている赤系のカラーを好む人にもオススメです。
レッドブラウンやオレンジブラウンなど、赤系のカラーリングの場合にヘアカラートリートメントを定期的に使用すれば、綺麗な髪色をキープすることができます。

*オススメのヘアカラートリートメント
人気のあるオススメのヘアカラートリートメントを数点ご紹介します。
・エブリカラートリートメント
エブリカラートリートメント
天然成分のおかげで髪にツヤも出してくれるスグレモノ。
カラーバリエーションが豊富なうえに、混ぜて自分好みのカラーを作ることもできちゃいます。
・クイスクイスデビルズトリック
クイスクイスデビルズトリック
カラーが入りやすいということで人気のクイスクイス。
しかも、1回分ずつ購入ができるので、ヘアカラートリートメントに不安を持っている人も安心ですし、いろんな色を試すこともできます。

*こんなメリットも♡
ヘアカラートリートメントは、その成分のほとんどがトリートメント成分となります。
そのため、カラーリングとは言っても髪に与えるダメージは少なく、むしろサラサラになったりしっとりとしたりと、ツヤのある綺麗な髪になることができます。
根元のカラーリングは美容室に、毛先の色落ちはヘアカラートリートメントに任せましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  2. 金運アップ
    古新聞、古雑誌は捨てる 仕事運は木の気を向上させることで上昇します。古新聞、古雑誌は見えないところ…
  3. どちらもコーヒーにミルクを、たっぷり入れて飲むものだと思うのだけど、 いまいち違いが分からない・・…
  4. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…
  5. 昔は一歩外で出れば誘惑だらけだと言っていましたが今やネット通販も当たり前のように私達の生活に浸透して…
  6. 神社の手水
    ―彼が、運命の人なのかな ―この人と、人生を分かち合いたい お付き合いする中で彼に運命を感じ…
  7. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  8. コーヒー
    子供の頃、三時のおやつと聞けばおなかが空いていなくてもつい嬉しくなっちゃいましたよね。大人になって、…
  9. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  10. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…

カテゴリー

ページ上部へ戻る