きれい色勢揃い!春夏トレンドネイルで美しく指先を彩りましょう

  • 2015/5/28
ネイルアート

綺麗な指先はおしゃれの一部です。どんなに素敵な服を着ていても、カサカサの手にささくれの指先では台無しです。ネイルアートで綺麗にした指先は女子力も気分も上がります。女性だけでなく、男性も意外と爪の身だしなみは気にして見ているものです。せっかくなら今年の春夏のトレンドカラーを取り入れたい!ですよね。今シーズン流行のネイルでわくわくした新しい季節を迎えちゃいましょう。

今年のトレンドはパステルカラー!可愛い明るいカラーは見ている人も優しい気分にしてくれる癒しの色合いです。女の子らしさをめいっぱい引き立たせてくれるイメージのパステルカラーですが、使い方次第ではゴージャスで大人の印象に仕上げてくれることも出来るんです。トータルコーディネートに合わせて、帽子やバッグを変えるように、ネイルもおしゃれのアクセントに気分で楽しんでみましょう。

大人ガーリーをつくるには、ポイントネイルとチョイスカラーです。ちょっと淡めのピンクとグレー、ホワイトとグレーのストライプ、ブルー・ピンク・ホワイトのアーガイル柄など・・・5本中1,2本に明るいカラーや柄を入れると、全体的には大人の印象でありつつもちょいカワアクセントに仕上がります。

流行色にゴールドのワンポイントをオンするのも綺麗です。人気上昇中のネイルリング風にのせてゴージャスにしてみたり、パールと合わせて上品にみせたり、ツートンカラーの繋ぎで色合いを際立たせて大人っぽくしてみたり・・・ぼやっとしがちなパステルカラーにゴールドを足すことで色が引き締まり、ワンポイントで使えは、グッと大人のイメージにしてくれます。

また、小さい爪の人やオフィスでも使えるネイルも人気です。爪先に純白ラメのグラデーション、ベースをパーブリッシュベージュやピンクベージュにスタッズやストーンを控えめにのせて。また、定番のフレンチネイルはホワイトが綺麗で好印象。変形フレンチでお花や雲を表現するのもちょっと変わっていて自慢できちゃう可愛さです。ハーフフレンチや逆フレンチも指をすっと長く見せてくれる効果があります。すっと伸びた指は、つい目にとまってしまう美しい手をつくり出してくれます。

特徴的なのが「ルブタンネイル」。クリスチャン・ルブタンのヒールを表現したようなネイルのこと。赤×黒、ゴールド×ピンク、ミントグリーン×濃いピンクなど、手の甲側のネイルと、爪の裏側にも塗ったネイルアートが大注目されています。ハッとする組み合わせのゴージャスでエレガントなネイルは海外セレブにも大人気です。ルブタンのヒールなんてとても手が出ないなんて女子も、これなら気軽にいつものおしゃれに取り入れられそうですね!

今シーズンのトレンド、あなたは何からやってみたいですか?パステル、ルブタン、控えめネイル♪それぞれに違った楽しみがあるネイルアートで、ファッションの幅をひろげましょ!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  2. 空気女子
    もう日本では小悪魔という言葉が定着し、どんな男性も惑わせてしまうと有名で小悪魔についてや小悪魔になる…
  3. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  4. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  5. エピレ脱毛体験
    エピレ仙台店で両ひざの脱毛をしてきました。 期間は2014年の2月~4月。お試しプラン980円のコ…
  6. きちんと寝てるのに、睡眠時間を取っているのに、朝が何だかだるい。気を使ってバランス良く食事を食べてい…
  7. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  8. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  9. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  10. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る