料理嫌いのための手抜き料理あれこれ

  • 2015/6/3

料理が得意な人、料理が好きな人、正直羨ましいです。献立を考えるのが面倒で作るのも面倒で、抜ける手はとことん抜きたいアナタ、そんなわたしの同志にオススメしたいレトルト料理のいくつかをご紹介します。

たとえば豆腐があればすぐできるとか白菜を足せばすぐできる系のものは、そのまま豆腐や白菜を足しましょう。この場合は基本いじらないほうがいいです。使うのは完成品として販売されているもの、たとえばパスタソースや豚の角煮などなど。そのままでもイケルけど、そこに1品足して家庭の料理にしてしまうのが手抜きの王道なのです。

○ミートソース
これは手抜きの強い味方であり、最強と言えるかもしれません。そのままパスタソースに使うにしても、温めただけではちょっと味気ない。そんな時はプチトマトを足したりナスやズッキーニを足したり、エリンギやしめじを足してもいいですよね。ちょこっと切って炒めれば、レトルトだけとは随分と変わります。
 鶏肉や豚肉を野菜と一緒に炒めて、水とミートソースで煮込めば煮込み料理のできあがりになります。ミートソースなら牛肉がいいという向きにはミートボールをオススメします。ミートボールを作るのが面倒だと思ったアナタは完全にわたしの仲間ですが、ミートボールはミンチと豆腐を混ぜてしまえばすぐできるんですよ。野菜はあるもの適当に切って、ミートボールを焼いてそのまま野菜を炒めてミートソースと水でOKです。煮込み系をする時には赤ワインも足せばもっとそれっぽくなりますよ。

○ナポリタンソース
これを使った一番のオススメはなんとオムライスです。子ども達に急にオムライスをリクエストされても、野菜を細かく刻むこともありません。鶏肉を買いに走らなくてもウィンナーでも大丈夫。もちろん何も無ければそのままでもいけます。コツは1つ、ご飯を入れる前にソースを温めるだけです。野菜やウィンナーなど炒めるものがあれば先に炒めてそこにソースを入れて、温まったらご飯をどうぞ。そのままでもナポリタンライスですが、卵で巻けばオムライスに変身します。

○豚角煮のレトルト
豚の角煮といえば手間と時間がかかる料理の代表でもあります。もちろん作れば一番いいのでしょうが、それが面倒なのが同志というものですよね。なので市販の角煮のレトルトを使ってしまいましょう。レトルトというのか、真空パック状態でスーパーに売っているアレです。
まず角煮のタレを用意しましょう。これまた市販のタレで十分だと思います。煮詰めるので水を少し大目にして、レトルト角煮と乱切りした大根、ウズラ卵かゆで卵をお好みでどうぞ。そのまま大根が柔らかくなるまで煮込んで、さましてからまた火を入れてを繰り返すか、鍋ごとバスタオルでくるんでおくか、そこもまたお好みです。圧力鍋がなくてもとろけるような角煮がつくれますよ。

ご紹介できたのは3種類だけですが、市販品を使ってできることは他にもたくさんあります。難しいことは料理上手な人にまかせて、苦手なりに出来る範囲でおいしくなるように頑張りたいものです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. (著作権:foto*co、画像元:http://freephotos.jugem.jp/?eid=4…
  2. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  3. 人間関係はどこにいっても大変です。だけど、逃げてばかりいられないのが人間の辛い現実です。風水は身の回…
  4. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  5. ビーチを歩くカップル
    今回はカップル限定と言うことで、俗に言う非リアの私は夢と妄想を抱きながらオススメをして行きたいと思い…
  6. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  7. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  8. 前回に引き続き、お酒について調べてみよう! ということで、今回はその洋酒編です。 洋酒はかなり種類…
  9. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  10. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る