ラブストーリーよりもアクションが好きな人にオススメ!マイケル・ベイ監督作品!

  • 2016/11/18

女性が見る映画というと、ラブストーリーなどが多いと思いますが、時にはアクション映画を見るのも気分がスカッとしていいですよ!

 
アクション映画はたくさんありますが、中でもマイケル・ベイ監督の作品は、お説教くさくなく、爆発満載で、見終わった後とっても爽快な気分になれます。

ここでは、そんなマイケル・ベイ監督の作品の中からおすすめの映画をピックアップしてご紹介しちゃいます。

ストレスがたまってイライラしがちな人は、以下にご紹介する映画を見てスカッとしちゃいましょう!

 

これがオススメ!マイケル・ベイ監督作品!

マイケル・ベイ監督の作品は色々ありますが、私が映画館に見に行って、見ているときはハラハラ・ドキドキ、

見終わった後、スカッとさわやかな気分になった映画をチョイスして以下にご紹介しちゃいます!

 

1. トランスフォーマー

80年代に日本で人気のあった、ロボット生命体が活躍するアニメーションをもとにして制作された映画です。

なーんだ、子供向けなのか・・・と侮ることなかれ!
主人公のサムが乗るロボット生命体バンブルビー、そのバンブルビーのリーダーオプティマス・プライムが自動車から巨大ロボットに変形する様子は、どこまでが実写でどこまでがCGなのかなんてこと感じさせないくらいリアルです!

そして、悪のトランスフォーマーであるディセプティコンのメガトロンたちと、街中での攻防は迫力満点です!

ところどころ、クスクス笑えるシーンもありますが、最後までハラハラ・ドキドキするシーンがてんこ盛りのとっても楽しい映画です!
DVDを借りて、お友達同士で見るもよし、カップルで見ても、理屈抜きで楽しめますよ。

 

2. ミュータントタートルズ

ミュータントタートルズという映画は、米国の漫画を元にしたマイケル・ベイ監督の作品です。

ある研究所で、飼育されていた4匹のかめと一匹のねずみに研究中の薬が投与され、
その薬のせいで四匹のかめと一匹のねずみは人間のような姿、ミュータントになってしまいます。

そして、街に出没していた悪の軍団シュレッダーたちと対決しているうちに、昔の飼い主、エイプリルと再会します。

そして、エイプリルたちと協力しながら、ニューヨークの街に毒ガスをまこうとしていた
シュレッダー一味をやっつける!というアクション満載の映画です。

ミュータントタートルズのアクションシーンは圧巻で、もちろん随所に爆発シーンも盛り込まれています。
笑えるシーンは至る所にたくさんあり、最初から最後まで飽きることなく見続けられる楽しい映画ですよ。

 

まとめ

上記でご紹介しました、マイケル・ベイ監督作品は、どちらも最初から最後まで退屈することなく見続けることができるとっても楽しい映画です!

マイケル・ベイ作品はちょっと……と今まで見てこなかった方でも、意外と楽しめる作品なので、ぜひDVDを借りてご覧になってくださいね。
Fotolia_71462256_Subscription_Monthly_M

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  2. マッピング
    ディズニーランドでも、投影されて話題になった、プロジェクトマッピング!! パソコンで作成したCG・…
  3. 昔は一歩外で出れば誘惑だらけだと言っていましたが今やネット通販も当たり前のように私達の生活に浸透して…
  4. 手をつなぐカップル
    気になるあの人との初デート。何を着て行こう、何を話そうなんてドキドキするものですよね。そんな楽しみな…
  5. 夏のしい外線対策はばっちり!と思っていて見逃しているのがリップケアではないでしょうか? 2年くらい…
  6. 近頃は、結婚式の形もいろいろと変化し、昔のように盛大に豪華にあげるといったことも少なくなってきました…
  7. いきなりですが、「ダイエットを成功させる!」と誓ったにも関わらず長続きしなかった経験のある人は比較的…
  8. 伊勢神宮
    地球上には様々なパワースポットと呼ばれる場所があります。パワースポットに行くと心が浄化されたり、元気…
  9. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  10. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…

カテゴリー

ページ上部へ戻る