「心の年齢」タロット占いストーリー

  • 2015/5/12
タロット占い

様々な環境、それぞれの人生、多様な価値観、広がる希望、狭くなる関係・・・
占いの世界から見える物語。どんな男女が織り成す恋のお話が、あなたには興味あるでしょうか。 一話完結のショートストーリーをどうぞ。

第3話「モテ期がきた~!」

A「占いで、モテ期って言うじゃない?あれって本当かな?」
B「そうね、本当よ。だって私、今月絶好調だって、占いででてたもの。」
C「羨ましいわ~!どうして信じられるの?私、そんなの一度も当たったことないよ?」

コーヒー

素敵なカフェで午後のお茶をしていらっしゃるのは、休日女子会でしょうか。
ご挨拶が遅れました、私はタロット占い師です。お隣の女子達3人の会話、もう暫く聞いてみましょうか。

A「モテ期ってどういう状態?なんか怪しくない?」どうやら慎重な方ですね。
B「え~~~!!そりゃあ素敵な男性に声かけられまくり!みたいな?即デートOK!
なーんてね!よーーーし!!ちょっと磨いておくかなっ!!」それはそれは。
C「でも、周りにそんな素敵な人いる??それより合コンのこと相談しようよ。」現実的な方ですね。この中ではリーダー役でしょうか。
A「合コンも、苦手なんだ。だって、男性ってどんな話したらいいかわからないんだもの。」
B「あ、そっか!あなたは男の兄弟いないんだったっけ?そうね、自分のドジ話とか面白い話をするといいよ~!え?無理?じゃあね、ペットの話とか!ほら、わんちゃんいるでしょ?」
C「あのさあ、そうやって彼女を困らせてどうするのよ。無理しなくていいよ、大体素敵な人が目の前に来たら、しゃべりたくなるから。今までがひどかっただけだから、今度に期待しようよ。」3人は仲良くカフェを後にしました。

公園から見る高層マンション

モテ期というのは、よく若い方のことを指して言うのですが、占いの世界では、若い=行動的で明るい、というイメージになります。そしてそのイメージは、とても大切で、心が若い=身体にも良い影響がある、という訳ですね。ですからモテ期は一度とは限らないのです。
心が若いと、つまり身体にもエネルギーが溢れてくるので、例えば元気なお年寄りの方はそれだけ心が若いと言えます。そして、若いということは、何事も行動して決めるということが出来る方のように思います。
さあ、それでは、どのようにすれば心を若く保つことができるでしょうか?
ちなみにAさんですが、実年齢と心の年齢は同じ、Bさんは実年齢よりマイナス10歳、Cさんは実年齢+5歳という心の年齢ですね。
実は、「もてたい!」という心は、かなり若い心の状態なんです。ですから、Bさんのように、そういう言葉がぽんぽんでてくるというのが、若さの印のようですね。
それで、そういう心の状態の人と、落ち着いた人が一緒にいれば、かなりいごこちは悪いかもしれません。ですから、自分の心の状態とマッチした場所や人と一緒にいる方が、よい出逢いに繋がるでしょう。それで、Cさんが言うように、無理はしなくていいのですが、でもBさんのように相手に興味を持つことができれば、より出逢いが愉しみになることでしょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 優雅なランチ
    ゴールデンウィークなどの長期連休は、普段とは違うお食事を楽しみたいですよね? 外食で、ファミレスや…
  2. ダイエットに成功した女性
    女性の多くが一度はやろうかな・・・と思ったことのあるダイエット。ただ、中途半端な気持ちだとなかなか続…
  3. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…
  4. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  5. 生理中と生理前後は女性にとって辛い時期…人によっては生理痛もひどくて日々の生活に支障が出るほどに。そ…
  6. 「寝てても痩せる」なんて、ダイエットをしたい人には羨ましい話ですし、「そんなのウソだ」と思ってしまう…
  7. 神社の手水
    ―彼が、運命の人なのかな ―この人と、人生を分かち合いたい お付き合いする中で彼に運命を感じ…
  8. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  9. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  10. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る