その姿に励まされる……女子が活躍するお仕事小説・7選

  • 2015/7/17

同世代の女子が頑張っているのをみると、自分も頑張ろう!と刺激をもらえますね。物語の世界でも、様々な職業の女子がそれぞれの職場で頑張っています。そんな頑張る女子の姿を描いたお仕事小説を7作品紹介します。

 

奥田英朗 「ガール」

働く女子がたくさん登場してくる短編集です。「あ、これ私だ!」という登場人物がきっと見つかるはず!2012年に映画化されたので、知っている人も多いかもしれません。今なお、働く女子のバイブルとして支持されています。

 

碧野圭 「書店ガール」

お互い仕事に対する情熱が熱いゆえに、書店のアラフォー副店長・理子と自由奔放な部下・亜紀は対立してばかりいました。そんなある日、店にとんでもない危機が訪れます。仕事、恋愛、家族…いろいろな場面で奮闘する働く女子たちに心が動かされます。

 

あさのあつこ 「グリーン・グリーン」

翠川真緑(通称、グリーン・グリーン)は、農林高校に赴任してきた新米教師。以前、失恋でショックを受けた真緑は、炊きたてのおにぎりに気持ちが救われたことがありました。そんな彼女が農林高校で奮闘する日々を描いています。

 

柚木麻子 「ねじまき片想い」

富田宝子は、浅草で働くおもちゃプランナー。次から次へと災難に見舞われる片想い中の彼のため、あの手この手でひそかに彼のトラブルを解決していきます。

 

山本幸久 「ある日、アヒルバス」

アヒルバス入社五年のバスガイド・高松秀子は、わがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと悩み多きお仕事の毎日を送っていました。さらに、アヒルバスを揺るがす大事件も起きてしまいます。

 

宮木あや子 「校閲ガール」

憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、激戦の出版社の入社試験を突破し就職した悦子ですが、配属されたのは校閲部でした。入社して2年目の悦子は、「こんなところ早く抜け出してやる」とばかりに口が悪い演技をするものの、段々自分の本性がナマイキな女子であるような錯覚に陥ってくる毎日を過ごしていました。そして、悦子の原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルや事件が巻き起こるようになるのです。

 

坂木司 「和菓子のアン」

やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起し、デパ地下の和菓子屋で働きはじめました。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回される、忙しくも心温まる日々を送ることになるのです。

 
ここで紹介したもの以外にも、女子が活躍するお仕事小説はたくさんあります。同業者のお話を読むのもよし、異業種から刺激を受けるもよし。仕事で気持ちが疲れてしまったときに、ぜひ読んでみてください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  2. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  3. 鞄の中身
    皆さんは鞄の中の整理って定期的にしていますか? 一体いつ買ったのかわからないガムやレシートが出てき…
  4. 納豆
    皆さんは朝食といえば何を食べますか? トースト? 目玉焼き? 白米? 味噌汁? まあいろいろ…
  5. ムスリム
    今回はムスリム女性についてお話したいと思います。 まず、マレーシアの人口対比の説明から。 マ…
  6. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  7. サプリメント
    手軽に必要な栄養素を取り入れることができるサプリメント。興味はあるけど、何を飲んだら良いのかわからな…
  8. 近年、女の子同士で集まる会を女子会と言いますが、それの対象としてごく最近増えてきているワードが『男子…
  9. 花火大会
    花火といえば、夏の風物詩ですよね。 でも実は、秋だって花火大会を楽しむことができるんです。 …
  10. 外から、帰ってきたら「うがい」「手洗い」を徹底しましょう」 「身のまわりを清潔にたもちましょう…

カテゴリー

ページ上部へ戻る