ムダ毛に悩むなら迷わず脱毛しよう

  • 2015/4/30
無駄毛の処理

 毛深いことは悪いことではありません。持って生まれた個人の特徴であって、本来は気にする必要もないことです。などとキレイ事を言ってみましたが、やはり気になるものは気になりますし、毛深い自分がコンプレックスにまでなったりします。ではどうするのが一番いいのでしょうか。

 答えは簡単、脱毛してしまうことです。もちろんお金がかかりますし、時間もかかります。けれど脱毛することのメリットは、迷っている人が考えるよりはるかに多いのです。ではどんなメリットがあるのでしょうか。

 今ご自分の毛深さで悩んでいる方は、どんな風にケアをしているでしょうか。お風呂で自己処理ですか、何か機械を購入して地道に処理ですか。もちろんそれでも悪いことはありません。自分が納得しているのなら、それはそれで十分です。そしてその結果毛深さがマシになってきているのなら、それは一番良い方法だと思います。けれどもしも、どうにもならない毛深さに悩んでいるのなら、是非サロンや美容外科で脱毛して欲しいのです。

 個人的な話になりますが、わたしは思春期をすぎたあたりから男性並みの毛深さになりました。お金がない中高生にできることなどたかが知れています。できることは手間と時間をかけることだけでしたが、それは本当に面倒で、悲しくなる作業でした。これは毛深い人にしかわからない気持ちだと思います。今でも自分より毛深い人には会ったことがありません。

 そこからはるばるウン十年、自己処理をするにもいろいろなグッズが増え、作業は面倒であってもまあなんとかなっていました。ところがここで問題が発生しました。思いっきり腰を痛めてしまったわけです。とにかく普通に日常生活を送るので精一杯です。ムダ毛のケアなぞどこかに飛んでいってしまってます。しかしながら容赦なく毛は生えてきて、腰が痛くてかがめないまま足を見るたび気分は落ち込み、無理に処理しようとすれば翌日はまっすぐ立てないという、最悪のループ状態でした。

Close up of  receiving epilation laser treatment

 そんなある日、ふと脱毛サロンの広告が目に入りました。今までは、お金がかかるし通うのにちょうどいい場所にサロンがないしで、広告はほぼ流していました。その広告はたまたまとても通いやすい場所に、料金がはっきり明示されたサロンができたというものでした。さっそく訪ねてみてお話を聞いて、その場で予約して帰りました。そうしてサロン脱毛を初体験したのですが、大げさでなく感動してしまいました。あの長年のコンプレックス、あの長年の自己処理の面倒くささ、あれはいったい何だったのか。寝転がっていれば処理が終わって、しかもツルツルって何なんだと、本当に認識が大転換しました。

 決してエステサロンや美容外科の宣伝じゃないんですよ。1回脱毛して終わりではありませんから、時間もかかるしお金もかかります。それでもわたしには1年かける意味がありました。もしもかつてのわたしのように、毛深さに悩んで落ち込んで、水着はもとよりスカートもはけないような思いでいるなら、是非思い切って脱毛してください。ただ悩んでいるよりずっと簡単なことなんです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. あじき路地の写真
    『あじき路地』をご存知でしょうか? 京都のメインストリートの一つ、四条通を東へ、鴨川を越え、大…
  2. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  3. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  4. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  5. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  6. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  7. ハーブコーディアル
    芸能人のSNSなどで話題となったハーブコーディアルって知っていますか?見た目もおしゃれで誰かのプレゼ…
  8. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…
  9. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  10. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…

カテゴリー

ページ上部へ戻る