こんなダイエットでは絶対に痩せない! 糖質制限の落とし穴

  • 2015/5/19

糖質制限をしているのに、ちっとも痩せないという方、意外と多いと思います。
ダイエットって、してるつもりになっていることが、けっこうあるんですよね。
よくありがちな、間違った糖質制限を見ていきましょう。

 

【ご飯を抜いてもデザート】

よく糖質制限はご飯を抜くだけって言いますよね。

でも、ご飯以外でも、糖質が多く含まれているものは多いですよ。
その代表的なものが、甘いものです。
こんなことをしていませんか?

・夕飯はおかずだけにして、白いご飯は食べないんだけど、食後に必ずチョコレートやプリンを食べる。
・帰ってきたらとりあえずお腹が空いているので、お菓子を食べる。
・お酒を飲んで帰ってくるときは、必ずコンビニで甘いものを買う。

甘いものやお菓子には、どのくらい糖質がふくまれているのでしょうか?
成分のなかに含まれるおよその糖質の割合を見てみると、

・ミルクチョコレート⇒約50%
・プリン⇒約15%
・アイスクリーム⇒約25%
・ドーナツ⇒約50%
・ビスケット⇒約80%
・ポテトチップス⇒約50%
・せんべい⇒約80%

プリンやアイスクリームの糖質が低いのは、成分の2/3が水分だからです。
ビスケットのように水分の少ない菓子類は、ほとんど糖質でできています。
ポテトチップスやせんべいのように、甘くなくても糖質が多い菓子類はたくさんあります。
白いご飯(炊いた精白米)で一杯約150g中、糖質は約55gですから、同じ150g食べたら、チョコレートやビスケット、ポテトチップスのほうが、ご飯より糖質が多いのです。
まあ、チョコレート150gは板チョコなら3枚分なので、確実に食べすぎですが・・・

 

【清涼飲料水をガブ飲み】

清涼飲料水(一般的な甘いペットボトルの飲物ですね)や炭酸飲料は、中身の1割くらいが糖質です。
カロリー0などで、糖質がほとんど含まれていないものもありますので、ラベルの裏面にある栄養成分表示で糖質(多くは炭水化物と表示されています)の量を確認するのがよいと思います。
ただ、カロリー0は人工甘味料を使っているので、人工甘味料の体への影響という心配は残ります。

水分補給のつもりが糖質をたっぷりとっていた、ということを防ぐためには、ペットボトルを買うときは、なるべくミネラルウォーターかお茶にするのがよいでしょう。
野菜ジュースも落とし穴になりやすい危険な飲物です。
糖質の量は10%程度ですが、水代わりにごくごく飲んでいると、結構な量の糖質を摂ることになります。

 

【糖質たっぷりのおかず】

いくら白いご飯を抜いても、おかずにたっぷり糖質が含まれていたら無意味ですよね。
糖質の多いおかずの材料の、成分に含まれる糖質の割合を見てみると、

・ジャガイモ⇒約20%
・カボチャ⇒約10~20%
・にんじん⇒約10%
・レンコン⇒約15%
・インゲン豆、エンドウ⇒約10%

ちなみに果物の糖質は、

・バナナ⇒約20%
・ぶとう⇒約15%
・みかん=約10%

コロッケやポテトサラダをおかずにすると、白いご飯を抜く意味はほとんどなくなってしまいます。

糖質制限で効果を上げるためには、本気で糖質を抑える必要があります。
知らず知らずのうちに糖質を摂っていると、いつまでたっても痩せないということになってしまいます。
糖質制限をする時は、例えば、夜は糖質を摂らないと決めたら、おかずの糖質も減らして、デザートを食べることも控えるべきなのです。

 
結局、痩せるのって自分との闘いなんですよね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  2. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  3. ゴルフ
    みなさん、最近運動してますか?? 仕事や家事、育児に追われてなかなか・・・という方も多いのではない…
  4. 最近話題の「おにぎらず」を知っていますか? おにぎりより平たくて、半分に切っているので、中身が見え…
  5. パソコンで悩む女性
    最近は、SNSや海外サイト・ゲームなどを利用する人が増えていますよね。 問い合わせなどしようとした…
  6. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  7. プチ断食で健康的な女性
    「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案す…
  8. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  9. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  10. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…

カテゴリー

ページ上部へ戻る