あなたも気をつけて! アンダーヘア事件簿

  • 2015/7/27
アンダーヘアを確認する女性

こんにちは、ライターのディランです。
だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ毛のお手入れ。
ワキ・足・腕……
最近はアンダーヘアのお手入れも一般的になっており、VラインのみならずIライン・Oラインもケアしている方も増えているようです。中にはすでにV・I・Oすべて永久脱毛済みという方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ、「場所が場所だけにサロンや美容外科での脱毛はちょっと恥ずかしい」とか「彼氏に脱毛まではやめてくれと言われた」「温泉に行けなくなりそうで…」という理由により自己処理で済ませるという人のほうがまだまだ多いのかもしれません。

●事件1:アソコを負傷してしまった!
ハサミで短く処理する場合やカミソリで剃っている場合ありがちなケース。
実は私もやったことがありますが、案外血が止まりにくいんですよね。しかも、普段からあまり、いや、ほとんど表に出しておく場所ではないので湿気が多く治りにくい!
比較的粘膜から遠い場所ならばオロナインなんかを塗っておくこともできますが、内側の方だとちょっと心配ですよね。傷の深さや場所によっては化膿してしまうこともあるようなので要注意ですね。

●事件2:まさかの大火傷! 
ハサミだと切り口がチクチクするので、お線香などで毛先を切るという方法は日本で古くからある方法です。が、うっかりお線香の火を地肌にあててしまい火傷しまったなんていう話も案外聞きます。
私の友人は10代の頃、初めてお手入れをする決心をし、何を思ったのかお線香ではなくライターを使ったそうです。アンダーヘアを大々的に燃やした挙句、大火傷してお母さんと一緒に病院へ。恥ずかしいやら痛いやら…何日も耐えたそうです。
さすがにライターでやるなどという人はいないと思いますが、お線香もやっぱり心配ですよね。最近はヒートカッターも種類が豊富なので、そういうものをうまく利用するのが良いのではないでしょうか?

●事件3:脱毛しすぎて黒いボツボツが!
最近はブラジリアンワックスなどで抜く方も増えているようですが、抜けば抜くほど増える埋没毛。( 「脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のこと」Wikipediaより)
私もまだ若いころ、わき毛を面白がってひたすら抜いていたら埋没毛だらけの醜いワキになってしまいショックを受けたことがあります。うっかり針などでほじったりしたら、今度はそこから雑菌などが入ったり、跡が残ってしまうこともあるようです。
その時だけとか急いでなんとかしたい時はいいと思いますが、続けてやっていく処理方法としてはちょっと考えものかもしれませんね。

今回は具体的な解決方法をあまり紹介しないまま失敗例だけ紹介してしまいましたが、やっぱりどの処理方法も一長一短。失敗しないように気をつけながら自分に合ったものを探すしかありません。
ただ、もしお肌のトラブルが起きたら、放置せずに病院に相談するのが一番かもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 相変わらず人気のパンケーキ。カラフルなトッピングのものも多く、食べるとちょっと幸せな気持ちになります…
  2. レッドコーデ
    この時期には絶対着たい「レッド」!! でもどう着こなそうか?と迷うカラーでもありますよねー! 今…
  3. 能登曽々木海岸の窓岩
    パワースポットというものが、最近話題になることが多いですね。 でも、日本三大パワースポットなるもの…
  4. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  5. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  6. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  7. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  8. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  9. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  10. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る