チョコレートがダイエットに効果がある!?食べ方は?

  • 2016/7/22

小さなお子さんから大人まで、みんな大好きなチョコレートですが、糖分や脂肪分が含まれているので、食べ過ぎると太っちゃう……と、チョコレートを食べるのを敬遠されている方も結構いるんじゃないかな?

でも、そんなダイエットに大敵だと思われているチョコレートが、実はダイエットに効果的だったんです!
意外ですよね。

ここでは、なぜチョコレートがダイエットに効果的なのかと、どうやって食べたらダイエットできるのかについて詳しくご紹介しちゃいます!
大好きなチョコレートでダイエットできたらいいのに……とお考えの方は、ぜひこの記事を読んでみて下さいね。

 

チョコレートでダイエットできるわけとは?

甘くて美味しいチョコレートでダイエットできるなんて最高!なーんてお考えのあなた、実はちょっと違うんです。

確かにチョコレートでダイエットはできるのですが、このチョコレートダイエットで食べるチョコレートは、普段お店などに売られている甘―いチョコレートではなく、カカオ70%以上含有されている、あまり甘くないチョコレートなのです。

なぜ、このカカオがたくさん含まれているチョコレートを食べるとダイエット効果がるのかというと、チョコレートのカカオに含有されているポリフェノールには血行を改善し、体の新陳代謝をアップさせる効果があるからです!

また、チョコレートを食べると、食欲を抑えることができるので、食べ過ぎ防止にも役立つんです。

さらに、カカオに含まれる食物繊維が、お通じを良くしてくれるので、便秘によるポッコリお腹をすっきりさせてくれる効果があるのです!
これはもうチョコレートダイエットを始めるしかないって感じですよね!

 

とっても簡単!チョコレートダイエットのやり方!

チョコレートダイエットと言っても、ただひたすらチョコレートばかり食べればいいと言うわけではありません。

上記でご紹介したカカオが70%以上含有されているチョコレートを購入して、1日に50グラムぐらいの量を食事の前や後に小分けにして食べると効果的なのです。

どうして食事の前や後に小分けにして食べるとダイエット効果があるのかというと、食事の前に食べておけば、たくさん食べることを防止することができますし、食事の後に食べると、食後に小腹がすいたと言って、お菓子などをつまみ食いするのを防止することができるのです。

食べるチョコレートのカカオの含有量は、多ければ多いほどいいですよ。

 

まとめ

チョコレートダイエットとはいえ、皆さんの大好きな脂肪分や糖分のたっぷり入った、甘―いチョコレートでは、ダイエット効果はないので、チョコレートダイエットを成功させるには、明治のチョコレート効果など、カカオがたくさん含まれているチョコレートを食前、食後に少しずつ小分けにして食べるようにしましょう。

あと、チョコレートにはストレス解消効果もあるので、ダイエットはストレスを感じやすいけれど、チョコレートダイエットならストレスを感じることなくダイエットすることができますよ。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  2. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  3. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  4. お神輿
    福岡県福岡市の博多地区で毎年7月1日から15日にかけて行われる「博多祇園山笠」。博多では何かに熱中し…
  5. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  6. 特定の地域が抱える緊張  最近ニュースで「地政学リスク」という言葉を目にすることが増えました。特に…
  7. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…
  8. ファミレス
    老若男女問わず利用する安価でおいしいと評判の「ファミリー・レストラン」通称「ファミレス」は私たちの便…
  9. 夏のしい外線対策はばっちり!と思っていて見逃しているのがリップケアではないでしょうか? 2年くらい…
  10. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…

カテゴリー

ページ上部へ戻る