東洋の知恵、発酵食品を使った雑炊レシピ

  • 2016/5/9
雑炊

夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小腹がすく「おかゆ」とちがって、具が入ることで、雑炊は、ごはんが少しでも、じゅうぶんに満腹感が得られます。ただ、ひとくくりに雑炊といっても、誰もが知っている定番から、洋風・中華風もあります。そして、最近では、トマト缶を使ったリゾット風やカレー粉を入れたものなど、バラエティーに富んでいるようですね。そんなたくさんのレシピの中から、今回は冷え性予防や、肌をなめらかにする効果に優れている「発酵食品」を使った二つのレシピを紹介いたしましょう。

●「コクのある豚腹肉とキムチの雑炊」
「雑炊」といえば、あっさりとしているイメージがありますが、鶏がらスープと豚肉を加えることで「コク」があり、食欲が進む一品です。キムチは発汗作用と食欲増進作用があるのは有名。

1.鍋に適量の鶏がらスープ(粉末を水で溶いたものでOK)を沸騰させて、食べやすい大きさに切った、豚ばら肉を数枚入れます。
2.肉に火が通ったらごはんを加えて、さらに加熱します。
3.約五~七分すると、溶き卵を投入して、卵がかたまらないうちに、よくかき混ぜてください。
4.火を止めて十分ほど蒸らします。また、お好みで少量の醤油かラー油を垂らしても。

●「酒の粕を入れた北国風の白い雑炊」
乳白色の見た目とは裏腹に、存分におとなの味わいをお楽しみいただけるメニューです。東北で一般的な粕汁ベースに、潰した豆腐を追加しました。さらさらでなく、もちもちとした食感で、のどの痛みにもよくききますよ。 

1.湯の中に、食べやすい大きさに切った、にんじん、大根、しめじを入れます。もちろん、上記のものだけではなく、冷蔵庫のそうじを兼ねて、他の野菜やきのこ類でも代用できます。そのあと、絹越し豆腐を潰しながら入れてください。
2.次に、ごはんと酒の粕を加えます。このとき、酒の粕は手で小さめにちぎって少しずつ入れると早く溶けますよ。
3.沸騰したら、少量の味噌と粉末の昆布茶、塩を混ぜます。
4.約十分蒸らしてできあがりです。

湿度の高いアジアには、ヨーロッパにはない、独特の発酵食品の歴史と文化があります。それらは、優秀な保存食品として活用されました。真冬の野菜不足をおぎなうため、あるいは、日照り続きのスタミナの補充として。食文化は、気候や風土に合わせて発達していくものなのですね。そんな、先人達の知恵を、時には、現代風にアレンジしながら次の世代につなげていきたいものです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  2. 足の美しい女性
    私たち日本人が外国人の女性を見て「足長くていいなぁ」「スタイルよくて羨ましい」という会話をするのは、…
  3. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  4. 海外の有名女性芸能人の中で注目されて、日本にもその効果が話題になった「ココナッツオイル」 キレイに…
  5. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  6. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  7. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  8. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  9. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  10. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…

カテゴリー

ページ上部へ戻る