健康な体でも起こる「だるさ」と「重さ」から解放、「プチ断食」実践レポ

  • 2016/6/21
プチ断食で健康的な女性

「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案する医師もいます。「情報社会」である今、いったい何を信じれば良いの、か迷うところですね。おそらく、現在はまだ明確な答えはないでしょう。ただひとつ結論があるとすれば、「実践してみてよかったもの」こそが真実なのです。そこで、二十代なかばから、ずっと病気とは呼べない健康な範囲の、だるさと重さに悩んでいた筆者が、体をはって試した(?)「プチ断食」体験をレポートします。

きっかけは、意外なことでした。転職をして、新しい職場の人間関係になじめず、休憩室にいられなくなりました。外に出たものの、慢性的な金欠のため、毎日、外食をするのは無理があったのです。仕方なく、週に何度かは、簡単なドリンクだけですましていました。はじめは、空腹が辛かったのですが、徐々に慣れていきました。意外なことに、昼休憩の後も眠たくならず、集中力がとぎれないのです。そして、半年後には、疲れにくくなり、生理の前のけだるさからも解放されていました。

しかし、なぜ体調がよくなったのか、まるでわかりません。しばらくして、長期の連休に入りました。家にいると、一日三食しっかり食べます。すると、また、頭の奥が鈍く疼き、昼間から眠たくて、どうしようもありません。そのとき、はじめて「食べない」時間が必要なのだとわかりました。それから、図書館に通い、詳しく調べてみると、抜群に若い容姿を保つ、乳腺外科医が提案する「一日一食」や、ヨガをきわめる「仙人」さながらの「何も口に入れない健康法」など、おもいのほかにたくさんありました。考え方や、行い方は少しずつちがいがありますが、共通していたのは「空腹が続くと体調がよくなる」というものです。

ただ、一日三食+αの生活をされている方が、急激に「プチ断食」に移行するのは、リスクが高いと思います。そこで、まずは「三日間・一セット」でトライできる方法を考えました。まず一日目は、一食ごとの量を減らして、胃と心の準備をしてください。できれば、消化するのに時間のかかる「揚げ物」や「洋菓子」は控えめに。二日目は、口にするのは、「味噌汁」や「スープ」といった汁物だけ。三日目は、朝は、汁物にして、その後は、やや、量をおさえた通常の食事に戻していきます。いきなりハイ・カロリーの食事にされると、胃腸が悲鳴をあげるので、あっさりとしたものを中心にするのがポイントです。

これは、「いつも」ではなく「たまに」でも充分に効果があります。友達や家族と「楽しくすごす」時間は、かけがえのないひとときですよね。「胃腸を休める日」と「遊ぶ日」の緩急を考えながら、「プチ断食」をとりいれてください。とくに、体に熱がこもりがちな「夏場」に行うと、体が楽になりますから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  2. 鞄の中身
    皆さんは鞄の中の整理って定期的にしていますか? 一体いつ買ったのかわからないガムやレシートが出てき…
  3. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…
  4. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  5. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…
  6. 転職
    退職する方に対して、何かしらの感謝の気持ちを表したいと思うのではないでしょうか? そんな時に、何を…
  7. GWにお金をかけず有意義に楽しむ方法
    ゴールデンウィークの醍醐味は、女性なら買い物が定番ですよね?でも、男性にとっては、お金が無いとどうに…
  8. 特定の地域が抱える緊張  最近ニュースで「地政学リスク」という言葉を目にすることが増えました。特に…
  9. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  10. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…

カテゴリー

ページ上部へ戻る