健康な体でも起こる「だるさ」と「重さ」から解放、「プチ断食」実践レポ

  • 2016/6/21
プチ断食で健康的な女性

「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案する医師もいます。「情報社会」である今、いったい何を信じれば良いの、か迷うところですね。おそらく、現在はまだ明確な答えはないでしょう。ただひとつ結論があるとすれば、「実践してみてよかったもの」こそが真実なのです。そこで、二十代なかばから、ずっと病気とは呼べない健康な範囲の、だるさと重さに悩んでいた筆者が、体をはって試した(?)「プチ断食」体験をレポートします。

きっかけは、意外なことでした。転職をして、新しい職場の人間関係になじめず、休憩室にいられなくなりました。外に出たものの、慢性的な金欠のため、毎日、外食をするのは無理があったのです。仕方なく、週に何度かは、簡単なドリンクだけですましていました。はじめは、空腹が辛かったのですが、徐々に慣れていきました。意外なことに、昼休憩の後も眠たくならず、集中力がとぎれないのです。そして、半年後には、疲れにくくなり、生理の前のけだるさからも解放されていました。

しかし、なぜ体調がよくなったのか、まるでわかりません。しばらくして、長期の連休に入りました。家にいると、一日三食しっかり食べます。すると、また、頭の奥が鈍く疼き、昼間から眠たくて、どうしようもありません。そのとき、はじめて「食べない」時間が必要なのだとわかりました。それから、図書館に通い、詳しく調べてみると、抜群に若い容姿を保つ、乳腺外科医が提案する「一日一食」や、ヨガをきわめる「仙人」さながらの「何も口に入れない健康法」など、おもいのほかにたくさんありました。考え方や、行い方は少しずつちがいがありますが、共通していたのは「空腹が続くと体調がよくなる」というものです。

ただ、一日三食+αの生活をされている方が、急激に「プチ断食」に移行するのは、リスクが高いと思います。そこで、まずは「三日間・一セット」でトライできる方法を考えました。まず一日目は、一食ごとの量を減らして、胃と心の準備をしてください。できれば、消化するのに時間のかかる「揚げ物」や「洋菓子」は控えめに。二日目は、口にするのは、「味噌汁」や「スープ」といった汁物だけ。三日目は、朝は、汁物にして、その後は、やや、量をおさえた通常の食事に戻していきます。いきなりハイ・カロリーの食事にされると、胃腸が悲鳴をあげるので、あっさりとしたものを中心にするのがポイントです。

これは、「いつも」ではなく「たまに」でも充分に効果があります。友達や家族と「楽しくすごす」時間は、かけがえのないひとときですよね。「胃腸を休める日」と「遊ぶ日」の緩急を考えながら、「プチ断食」をとりいれてください。とくに、体に熱がこもりがちな「夏場」に行うと、体が楽になりますから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  2. 最近話題の「おにぎらず」を知っていますか? おにぎりより平たくて、半分に切っているので、中身が見え…
  3. カフェしながら読書
    休みの日はのんびりと、本を片手にカフェで時間を過ごす…すごく素敵な時間ですよね。 でも、通常の…
  4. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…
  5. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  6. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  7. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  8. フランスコスメ
    今回はフランス在住主婦が、日本でも購入できるフランスのお勧め基礎化粧品を紹介します。 フランス…
  9. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  10. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…

カテゴリー

ページ上部へ戻る