ダイエットにアロマオイルを活用!どんな方法があるの?

  • 2015/7/17
アロマオイル

皆さん日常的にアロマオイルを焚いたりして、ストレス解消に役立ててないですか?
じつは、そのアロマオイルを活用するとダイエットに役立てることができるんです!

ここでは、ダイエットに役立つアロマオイルはどんなものがあるのか?
どんな方法でアロマオイルをダイエットに役立てるのかについて私が経験したことを踏まえながら、お調べしたことをご紹介しちゃいます!
アロマオイルの心地よい香りに包まれながら、ダイエットを楽しんでくださいね。(^^)

ダイエットに効果のあるアロマオイルとは?
ダイエットに効果のあるアロマオイルはいろいろあるのですが、中でも香りが爽やかで使いやす物をチョイスしてご紹介しちゃいます!
まず最初にご紹介するのは、グレープフルーツ

グレープフルーツは、血液の循環を促し、新陳代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくする効果があります。
気持ちが沈んでいるときなど、このグレープフルーツのアロマオイルを嗅ぐと、癒され、元気が出てくるという効果もあります。
あと、レモンのアロマオイルもダイエット効果があります。
また、グレープフルーツと同じくイライラを鎮静する効果もあるんだ。

どちらのオイルも、アロマオイルを使うのが初めての人でも抵抗なく使用できる爽やかな香りのオイルです。
アロマ瓶のイラスト
画像取得先→イラストAC

アロマオイルのダイエット活用方法は?
まず、最初にご紹介するのは、グレープフルーツのアロマオイルを使ったアロマバスです。

お風呂に入れるアロマオイルは、グレープフルーツを2滴とジュニパーを3滴入れるんだ。
グレープフルーツとジュニパーを入れることによって、身体の代謝が良くなるうえに、ダイエットに悪影響を及ぼすストレスも軽減できるんだよ。(^^)

レモンのアロマオイルも入浴するときに2滴ぐらい入れると同様の効果が期待できるんだ。
入浴のイラスト

次にご紹介するのが、同じくダイエットに効果のあるアロマオイルのグレープフルーツとジュニパーを使って、お腹や足、腕をマッサージする方法です!
マッサージオイルは、グレープフルーツとジュニパーのオイルを一滴ずつ混ぜて使うだけだからとっても簡単なんだ。(^^)

お腹やせのマッサージ方法は、まず、手のひらに上記のグレープフルーツとジュニパーのオイルを混ぜたオイルをのせ手のひらの上に広げます。
つぎに、お腹の下の方からへその方に向けて両手ではねあげるように下から上に5回くらいマッサージをします。

このマッサージをすると、代謝が良くなり、ため込んでいた水分が体外に排出しやすくなるんだよ。
また足のむくみも、太ももやふくらはぎをマッサージオイルでつまむように、気持ちがいい程度にもむと、むくみが解消できて、ほっそりした足を取り戻せるよ。

<まとめ>
上記でご紹介した、アロマオイルを使った入浴方法やマッサージを何か月か続けると、ストレスもすっかり解消できるうえに、すっきりした身体を取り戻すことができるんだ。
一時的にではなく、継続すると効果が持続するよ。(^^)

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  2. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  3. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  4. 草食系男子に肉食系女子……昨今は控えめで弱々しい男子と男まさりの女子という構図が話題になり定着しつつ…
  5. 花火大会
    花火といえば、夏の風物詩ですよね。 でも実は、秋だって花火大会を楽しむことができるんです。 …
  6. 脱毛 足
    今から1年前、念願だった脱毛に通い始めました! 昔から自分のムダ毛が本当にコンプレックスで、約…
  7. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…
  8. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  9. 北海道旅行
    北海道は人気の旅行先として不動の地位を築いていますが、特にゴールデンウィークの時期、冬が終わりどんど…
  10. 洗濯物
    あなたは家事が得意ですか? 5分以内に自宅訪問があっても困らない素敵な方は、この記事を読む必要はあ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る