皆大好きマヨネーズ!GWは親子で楽しい『食育』アトラクションに!

  • 2015/6/18
マヨネーズ

みんな大好き『マヨネーズ』は、どうやってつくられているのでしょう? マヨネーズが日本に誕生したのは1925年、キューピーが製造・販売をはじめました。キューピーではオープンキッチンをテーマに、昭和36年に工場見学を開始。現在は、全国5か所の工場に、年間8万人もの見学者が訪れるそうです。 

さて、本題に入る前にクイズです。
日本国民1人当たりの、年間たまご消費量は、世界第何位でしょう?
答えは記事の最後で。

では、さっそく、茨城県は五霞(ごか)工場のオープンキッチン(工場見学)をみてみましょう。所要時間1時間半。無料。完全予約制。
お申し込みはこちらから。

1.まずは概要説明から。会社の歴史やマヨネーズのヒミツについてききます。

2.マヨネーズの作り方や野菜についてのビデオを鑑賞。
アニメ仕立てなら、子供も飽きずに見ることができそうです。

3.続いて、マヨネーズ・ドレッシング・卵割などの製造ラインを見学します。
おもしろそう! 子供も大人も夢中です。

実際に足を運んだママ友が言うには、一番の見所は、卵わり機(割卵機)。目にもとまらぬ速さで、卵が割られていく様子は、まさに圧巻!
しかも、割られたあと、ちゃんと、卵黄と卵白に分けられているそうです。

4.最後は、ドレッシング試食。
いろいろなドレッシングをたっぷりかけて、いただきま~す!
たった今、製造ラインをみてきたドレッシング、普段とはまたちがった味わいがあるかもしれませんね。

ところで、2014年に東京調布にオープンした、『マヨテラス』には行かれましたか?こちらは、美味しいマヨネーズを届ける数々の工夫など、マヨネーズにまつわるいろいろを、体感しながら学べる見学施設。新宿から京王線快速で17分、仙川駅下車徒歩7分というアクセスの良さです。完全予約制。
お申し込みはこちらから。

試食しながらマヨネーズの新しい美味しさを発見できる『キューピーキッチン』。
http://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/attraction/index.html

マヨネーズに使うたくさんの卵をどうやって割るのかを知ることができる、『ファクトリーウォーク』。キューピーは、マヨネーズをはじめとした各種製品に、日本で生産される約10%、約25トン(!!)の卵を使用しているそうです。 

親子で楽しみながら、食育もできるなんて、まさに一石二鳥!これを機に、食べ物に対するお子様の興味もひろがるかもしれません。

さて、お楽しみのクイズの答え。 日本国民1人当たりの、年間たまご消費量は、なんと『世界第1位』だそうです。 その数、なんと330個! たまごがふんだんに使われたマヨネーズが愛されるのも納得、の数字ですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 近年、女の子同士で集まる会を女子会と言いますが、それの対象としてごく最近増えてきているワードが『男子…
  2. 伊勢神宮
    地球上には様々なパワースポットと呼ばれる場所があります。パワースポットに行くと心が浄化されたり、元気…
  3. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  4. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…
  5. ○とろける食感はまさに夢心地! 皆さんアイスは好きですか? 今では1年中食べますが、やっぱり陽気…
  6. 栃木県壬生町にある「壬生町おもちゃ博物館」は町立のおもちゃの博物館です。名称のとおり、「おもちゃ」を…
  7. 冷凍技術の進化のおかげで最近の冷凍食品のクオリティはますます上がっています。 これを上手く活用しな…
  8. 鞄の中身
    皆さんは鞄の中の整理って定期的にしていますか? 一体いつ買ったのかわからないガムやレシートが出てき…
  9. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…
  10. オーガニック コスメ
    近年、お肌のためにオーガニックコスメを選ぶ人が増えています。 名前は知っていてもオーガニックを正し…

カテゴリー

ページ上部へ戻る