1日5分の健康法ならラジオ体操

  • 2015/4/14
Sport beauty  blond young  woman exercising in the outdoors yoga

健康のために美容のために、日常生活に軽い運動をとは誰しもが思うところです。
軽い運動を行う事は正しいわけですがウォーキングも大変、ジムに通うのもちょっと・・・と思っている方や、そもそも軽い運動がわからなかったりします。

運動には3つの過程があります。筋肉を伸ばす、筋肉を使う、筋肉を伸ばす、の3段階。最初に筋肉を伸ばす(ストレッチ)で筋肉をほぐすことで、より筋肉がつきやすくなり怪我もしにくくなります。そして筋肉を使って何がし動きます。ここでどんな筋肉の使い方をするかで必要なストレッチも違ってきます。最期にもう一度ストレッチと深呼吸、これで筋肉の疲労を和らげます。例えばジムや習い事ならば先生がいていろいろ指導してもらえるでしょう。でもそんな時間もないしお金もない人が多数です。

そこでオススメしたいのがラジオ体操です。1928年に制定されたラジオ体操は、少し型はかわりつつ今も盛んでそれだけ理にかなった体操なのです。ラジオ体操には第1第2があります。昔は第3までありましたが、これは動きが複雑すぎて普及しなかったとか。

コンセプトは「誰でもできること」です。年齢性別を問わず誰にでも無理なくできて、最初の伸びの運動から最後の深呼吸まで全部で13の運動で構成されています。そして全身の筋肉をまんべんなく使うようにもなっているのです。軽い動きで筋肉を伸ばし、深い動きで筋肉を使い、最後に軽い動きで筋肉を落ち着かせる、そのすべてが5分もかからずできるわけです。

良いところは、狭いスペースでできることにもあります。体を回せる広さがあれば家の中でやるのにこれ以上に簡単な体操はないでしょう。自分のペースで可能な運動です。

注意したいのは、きちんと行うことです。ダラダラやっていたのでは運動になりません。最初からは難しいかもしれませんが、続けているうちにできるようになってきます。それはすなわち筋肉がついたということでもあります。地道にラジオ体操を続けていれば、腕だけ足だけ腹筋だけではなく、あちこちの筋肉がしっかりするのを実感できるでしょう。

運動は続かなければ意味がありません。ラジオ体操は思っているよりずっとしっかりとした運動でもあります。続けていけたなら1日2回やってみる、第1と第2をやってみるというふうに、少しずつ運動量を増やしていきましょう。思っている以上に良い効果が出てくるかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. 40000
    ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. enchibote
    肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. Fotolia_73289602_Subscription_Monthly_M
    東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  2. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…
  3. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…
  4. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  5. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る