就活生&OLにオススメな楽ちんパンプス

  • 2017/1/30

就活生やOLのみなさん、なかなか自分に合う靴を探すのは難しくないですか?私も就活を始める前や入社してからなかなか自分に合う靴を見つけられず苦労しました。
就活では説明会や面接で何十社も会社に訪問し、一日に2〜3社歩き回ることもあると思います。また、入社してからも通勤や営業で毎日たくさん歩くことと思います。

靴はスーツや鞄などに比べて人の視線がいくことは少ないかもしれませんが、自分の身体にとって一番大事なものになるのではないしょうか。合わない靴を無理して履いていると足が通常以上に疲れてしまいます。また、それを続けていると身体が歪んだり、足を痛めたりしてしまいますので、自分に合う靴を履くというのは、毎日の生活にとても重要なことだと感じています。
私が就活時代やOL時代を通して、周りの同僚や友人にオススメしてきた靴をご紹介します。

①マルイのらくちんシューズ
周りの同僚や友人の中で好評だったマルイのらくちんシューズは、本当に楽なんです。履いていてストレスがありませんし、ヒールも低いので普通のパンプスで歩くより疲れません。

また私は足の横幅が広いので、試着しては小指が痛くて購入を諦めたり、なかなか自分の足の形に合う靴を探すのが難しかったのですが、マルイのパンプスは従来の”ミドル幅”とゆったり幅の”ワイド幅”の二種類選ぶことができるのです!

そして靴を選ぶ際に重要になってくるのが、雨に濡れても染みないかという点です。今までこの靴に出会うまで、何度も雨に濡れて靴もストッキングもずぶ濡れになって寒い思いをした経験がありました。雨の日も気にせずいつもと同じ靴で出勤できる点では、水を弾く素材というのはやはり重要になってきます。


https://search-voi.0101.co.jp/voi/shop/velikoko/?intid=shop1_pc_detail

②REGALのローヒールストラップパンプス
就活中困っていたのが、よく脱げること。なかなか自分にピッタリなサイズがなく、仕方なく少し大きめな靴を購入して、インソールを入れて履いていましたが、歩いている最中何度も脱げました。脱げてしまうのは本当にストレスになりますし、走ったりできないのも不便ですよね。

脱げないというのは当たり前のことかもしれませんが、意外と脱げない自分の足にピッタリな靴に出会うのが難しいのです。そんな中、ストラップ付きのパンプスはサイズが少し大きくても、思いっきり走っても脱げることがないので安心です。
少し値が張りますが作りがしっかりしているので、私は仕事で毎日履いて2年程持ちました。


http://www.regal.co.jp

③スリムコーチのバレエシューズ
ダイエットコーチEICOさんがプロデュースしたバレエシューズです。
バレエシューズですがエナメルの素材なので、会社にも履いて行くことが出来ます。
こちらはただ履きやすいパンプスではなく、インソールが歩くだけで内転筋を刺激する作りになっているので、姿勢がよくなり下半身ダイエットに効きます。

歩き方を指導しているEICOさんが、足がなかなか痩せないと悩む生徒さんを見て、歩き方を変えるのは時間がかかるので、鍛えづらい内ももの筋肉を意識することができるように開発したのがこのバレエシューズです。

楽天ランキングでも1位になるくらいの人気で、O脚で悩んでいる方にもオススメの靴です。
店舗では販売しておらず、ネットからの販売のみになるようなのですが、バリエーションもいくつかあるので是非一度サイトをご覧下さい。


http://g-stars.jp/slimcoach/

他にも色んなブランドのパンプスがありますが、私が就活時代やOL時代に履いたものの中から良かったものを今回紹介させて致しました。

よくネット上には”パンプス人気ランキング”などの記事がありますが、私の経験上ランキングに載っている人気ブランドのお店に行っても、なかなか自分に合う靴に出会えないことがよくありました。人によって足の形が違うので、人気の靴が合うとは限らないですよね。
靴は、歩き方や姿勢を変えるだけではなく、身体の歪みなど全身に影響するものなので、毎日の生活でとっても重要なアイテムになると思います。服や鞄などに比べて目立つものではありませんが、一番こだわるべきアイテムなのではないかと感じています。

女性のみなさんがストレスなく履ける自分に合う靴が見つかることを願っています!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スプーンにのった塩
    男性 11,4g 女性 9、6g この数字・・・・なにを表していると思いますか? 実は・…
  2. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  3. 優雅なランチ
    ゴールデンウィークなどの長期連休は、普段とは違うお食事を楽しみたいですよね? 外食で、ファミレスや…
  4. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  5. 脱毛
    剃っても剃っても生えてくる無駄毛を我慢していましたが友達が脱毛サロンで処理したらとても楽になったとい…
  6. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…
  7. 空気女子
    もう日本では小悪魔という言葉が定着し、どんな男性も惑わせてしまうと有名で小悪魔についてや小悪魔になる…
  8. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  9. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  10. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る