人間関係を上手くする方法

  • 2015/4/28

進学や就職で環境が変わり人間関係に不安を持つ人も少なくないと思います。また、職業や職種に関わらず退職の理由上位にくるのが人間関係になります。ここでは人間関係の対処法を紹介していきたいと思います。

合う人、合わない人がいる理由
会社や学校でなぜか最初から仲良くなれる人、なれない人がいますよね。その理由は価値観の違いという単純なものです。価値観や考え方の違いにより、会社や学校などで、人間関係がうまくいったり、いかなかったりします。また、自分の価値観に合う人を好きになり、価値観が違う人を嫌い攻撃する傾向が見られます。相手の価値観を尊重してコミュニケーションを取れる人であれば攻撃はされませんが、相手の価値観をないがしろにしてしまうと何度も衝突し問題が起きるようになってきます。

コミュニケーション改善方
・人間関係がうまくいっていない人を書き出す。
人間関係がうまくいっていなく、人間関係を良くしたい、良い人間関係を気づけていないと感じる相手を書き出してください。相手は会社関係や学校関係の人間でも身内でもいいですのでとにかく書き出してください。

・書き出した人が一番価値観を置いている事を知る
先ほど書き出した人が一番価値観を置いている物を考えてください。例えば残業することを求める上司なら、お金に価値観を置いていると言えるでしょう。可能であれば直接大事にしているのを聞いてみてもいいかもしれません。聞きにくい場合は雑談で「時間に限りがあるとしたら何をしますか?」と聞いてみるのもいいかも知れません。

・行動と価値観をすり合わせる。
価値観を置いている事が分かったら、相手の価値観に合わせた行動を取ります。相手の価値観を変える事はできないので、できる限り相手の価値観に合わせた行動を取ります。ですが、毎回合わせる事はできないのでその時は理由を説明してみましょう。

・相手に感謝する
相手の望んだ行動が自分の意に反するものであったら一度冷静になりどう役立つかを考えてみましょう。考えるようになれれば相手に対しての負の感情が消えていきます。そして理由が分かるようになると相手に感謝できるようになります。他人を変えることはできないのでまず、自分が変わってみましょう。

・自分の価値観で相手を評価しない
会社などでよく「仕事ができないのに」など言う人がいますが、それは自分の価値観での評価です。価値観は人により様々で違う価値観で生きているからこそ考え方や言動の善悪を評価することは誰にもできません。また、自分の価値観で評価してしまうと、負の感情が増えていくだけになります。その評価は価値観に合う人を高く評価し、合わない人を低く評価しているだけの間違えた評価になり、人を評価することは本来誰にもできることではないです。

まとめ
合わない人はただ価値観が違うだけで相手に合わせることができればいい人間関係を築いていけますが、反発してしまうと攻撃され続けてしまいます。良い人間関係を築きたい時は相手の価値観を知り、その価値観に合わせる行動を取ることが大切です。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  2. 脱毛 足
    今から1年前、念願だった脱毛に通い始めました! 昔から自分のムダ毛が本当にコンプレックスで、約…
  3. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  4. iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。 私もnexus7を愛用しています…
  5. 結婚式
    皆さんもご存知かと思いますが、男性が付き合いたい「理想の彼女」と結婚したくなる「理想の彼女」では全然…

カテゴリー

ページ上部へ戻る