いわて子どもの森で何する?どうする?決めるのは自分!

  • 2017/4/17

岩手県一戸町にある「岩手県立児童館いわて子どもの森」は県内最大の大型児童館です。屋内施設のみならず、屋外遊具やキャンプ場、宿泊施設を併設しており、子ども達の健全育成のための活動を行っています。県立の児童館なので入館料は無料、遊具も多いので何度でも遊びに行きやすい施設です。子どもの自発性を大切にするポリシーで、遊びについては子ども達の判断を尊重することを重視しています。

■アスレチックや大きな滑り台に挑戦!
屋外にはジャングルジムのような巨大アスレチック「もりもりとりで」があります。登ったり降りたり、潜ったり。子ども達が縦横無尽に遊びまわれる広さです。「のびのび広場」でボール遊びや紙飛行機飛ばしを楽しんだり、「わくわくプレーパーク」でブランコや滑り台を楽しんだり。丘の上からは全長120mもあるスリル満点の滑り台「ローラーローラー」を滑り降りることも。外遊びだけでも、クタクタになるまで遊んでしまいそうですね。

■ひみつの森で秘密基地ごっこはいかが?
自然に囲まれたいわて子どもの森には、周囲の木々を利用した「ひみつの森」があります。ひみつの森で楽しめるのは、子どもが一度は憧れるであろうツリーハウスや大人でも心惹かれてしまうハンモックなどです。木々に囲まれたブランコに乗れば、物語の世界の登場人物になった気分に。木でできたはしごを登っていくのも、普段の生活ではお目にかかれない、子ども達にはちょっとした冒険です。

■変り種の自転車、上手にこげるかな?
有料で変り種の自転車を楽しむことができます。大型の三輪車や四輪のものまで。乗り物好きな子が夢中になってしまいそうなラインナップです。普段とは違うハンドルやペダル。上手に運転することができるようになるでしょうか?子ども達のチャレンジ精神も試されます。

■冒険の塔「のっぴい」で頂上を目指せ!
子どもの森には屋内遊戯場もあるため、雨の日でも楽しむことができます。子ども達に大人気なのが、「冒険の塔のっぴい」です。屋内にありながら、建物内の階数をまたいで上へ上へと登っていくアスレチックです。途中の仕掛けを乗り越えて、頂上までたどり着けるでしょうか?頂上までたどり着いたら、今度は滑り台で一気に下まで滑り降ります。ここでもちょっとした勇気が必要になりますが、子ども達が楽しんで挑戦してくれると嬉しいですね。

■小さな子たちは「ピヨピヨ」でちっちゃな冒険!
小さな子ども達のための遊具が用意されたコーナー「ピヨピヨ」もあります。赤ちゃん連れでも安心して遊ばせられるのがいいですね。「のっぴい」に挑戦できない4歳未満の子ども達でも楽しめるよう、小さめの滑り台の付いた「ミニのっぴい」が用意されています。

夏には「みずの広場」で水遊びを楽しむことができます。流水広場になっており、滝をくぐって遊ぶなんてことも。冬には雪遊びが楽しめ、ワークショップではソリを作ることもあります。オリジナルのソリで雪の上を滑るのもまた格別ですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  2. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  3. 頭痛
    普段から、頭痛もちで、痛み止めのお薬が手放せない!という人いませんか? でも、なるべくなら頭痛…
  4. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  5. ダイエットに成功した女性
    女性の多くが一度はやろうかな・・・と思ったことのあるダイエット。ただ、中途半端な気持ちだとなかなか続…
  6. 金閣寺
    今年のシルバーウィーク、カップルで旅行を計画している人もいるのではないでしょうか?海外も人気ですが、…
  7. 秋田市上杉にある「秋田県立北欧の杜公園」は北欧を思わせる広く美しい自然の広がる公園です。緑いっぱいの…
  8. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  9. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  10. 「ダイエットはしたい」「スイーツはカロリーが高い」「自分で作れば低カロリー」「でも時間をかけてまで作…

カテゴリー

ページ上部へ戻る