肌美人はココが違う!スッピンつるつる素肌 洗顔のポイント4つ

  • 2015/6/3

女性なら「洗顔」は毎日やってくる作業だとおもいます。実はこの洗顔!誰かが学校の授業のように教えてくれるわけではないので間違ったやり方をしている女性も少なくはありません。お化粧をしていたら、尚更正しいやり方をしなければ「くすみ」などのお肌が枯れてしまう原因を作ってしまったりしますよね。そこで今回は「肌美人さんはこうしていた!洗顔の正しいポイント4つ」をご紹介していきたいと思います。

強くゴシゴシはNG!顔を優しく包み込むように洗う
メイクが落ちにくいなと感じたりするとやってしまうゴシゴシ洗い…ついついやってしまいがちですが、絶対にやってはいけません。肌を守る大切なものまで壊してしまいます。指でゴシゴシとしないようクレンジングの量はたっぷりにして包み込むように顔を泡でいっぱいにして洗顔は行いましょう。

泡が少ない、または泡立てず洗うはNG!たっぷり泡で優しく洗う
泡の量が少ないと指が肌に当たる部分が増え刺激を与え過ぎてしまいます。しっかり泡立ててたくさんの泡で包み込むように優しく洗ってあげましょう。顔はどんなときでも外に出ている部分なのでとても敏感です。ぜひあなた自身が卵を扱うように大切にしてあげるのが肌美人への第一歩になります。

熱いお湯は絶対にNG!ぬるま湯で洗顔し、よくすすぐ
寒くなってきたり、厚めの化粧をしている時によく行ってしまいがちですが熱いお湯での洗顔は、天然のうるおい膜の皮脂をも流してしまうので
ツルモチ肌を意識するのであればあまりよくありません。例えば手をお湯で頻繁に洗うと手がカサカサになりますよね。顔も同じことが言えます。ということは、乾燥の原因にもなるのでぜひぬるめのお湯気でよくすすぐということを徹底させるようにしまよう。

ゴワゴワタオルはNG!ふんわりタオルで守るように押さえ拭き
パリッと洗濯された硬めのタオルが好きな方もいらっしゃるかと思いますがやっぱり女性のツルモチ肌にはあまりよくありません。洗顔時に顔を指でゴシゴシしないよう気をつけても洗顔後ゴワゴワのタオルで肌を傷つけてしまっては意味がないですよね。ですから、フワフワまで意識しなくともやわらかいタオルでゴシゴシ拭かずに余分な水分をタオルで吸うように顔を押さえ拭きするようにしてみましょう。

いかがでしたでしょうか?女性は男性と違って、お化粧もしますし色々なケアをしているので腕や足などの肌より顔は敏感になっていることが考えられますよね。ということは、間違ったケアを続けていると何年後かには大変なくすみや乾燥、しわなどができてしまうかもしれません。ですから、今からぜひ正しいケアをするためまずは洗顔から意識して気を遣い、いつまでもキレイなツルモチ肌を保っていって下さいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  2. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  3. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…
  4. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  5. ジェルネイルってサロンでしてもらうと値段も高いし定期的に通う必要が出てきますよね。 だったらお手頃…
  6. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  7. 富山市ファミリーパークは、富山県富山市にある動物園です。呉羽丘陵の里山を生かした園になっており、飼育…
  8. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  9. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…
  10. アレクサはすっきりスマートで、ジャケットやレトロ感のあるワンピースが好きなようで、よく着ていますよね…

カテゴリー

ページ上部へ戻る