似合う服はどれ?わかりやすいコーデの選び方とポイント

  • 2017/6/23

いつもラフな格好ばかり、ジーパンにTシャツ、たまにはおしゃれしたいな。おしゃれしたいと思いながらも、自分に何が似合うのかわからない。服屋さんに行っても何を買えばいいのかわからない。雑誌を見ても、それが自分に似合うのか不安。そんなあなたに!コーデ選びのポイントをご紹介いたします。

パターン1 着たいものから合わせる

どの服装から選べばいいのかわからない。どれを組み合わせればいいのかわからない。トップス一つにしても、種類がたくさんあってわからないですよね。この服だとパンツスタイルが合うのか、それともスカートの方がいいのか、わからなくなって結局いつもと同じ服装に手を伸ばしてしまいますよね。
安心してください。一着着たいものが決まれば、もうコーデの半分が決まりました。このスカート履いてみたいな。と思ったら、そのスカートに合うものを選べばいいだけなのですから。

合わせる基準はあるの?
まずポイントとしては、着たいと思ったものを実際に試着することが大切です。目で見て合わせるのと、実際に着るのとでは違いますからね。ただ、トップスは試着できない場合もあるので、その場合は鏡で合わせて確認しましょうね。


https://goo.gl/Ucftmh

着てみたいものを一着決める。
トップスから決めたなら、まずは鏡で合わせてみる⇒気に入った1着を発見⇒次はパンツorスカートを決めよう!⇒試着してから、トップスは前にあてがって合わせよう
または、合わせたい服装を来て服屋に来て、それに合う服を探すのもいいですね。

パターン2 全身セットで選ぶ

https://goo.gl/sxSE9q

実際に試着して合わせてもこの組み合わせが本当にあっているのか自信がない。自分のファッションセンスがずれているんじゃないか心配だ。そんなあなたも失敗しない方法は、
マネキン買いをすることです。

お店に必ず置いてあるマネキンは、店員さんが選んだコーティネートです。自分が選ぶのに自信がないあなたは、マネキン買いをするところから初めてみましょう。
マネキン買い以外にも、上下二点セットで売られているものもあります。ワンピースにカーディガン、スカートとトップスがセットになっていたり、コーディネートに自信のない方も安心して購入できます。


https://goo.gl/dkeQuF

何を選べばいいのか、どう合わせばいいのかわからない。と思った時は着てみたいマネキン、着てみたいセット商品から買ってみましょう!
マネキンで見ていても、実際に自分が着るのとでは印象も変わります。全身コーディネートされているからと言って、安心せずにしっかりと試着してから購入しましょうね。

パターン3 シルエットから選ぶ
何が似合うのかわからない。どれを選べばいいのかわからない。着てみたい服装はあるけれど、実際自分に合わせてもなんとなく違う気がする。でも、どう合わせればいいのかわからない。
そんなあなたにおすすめなのが、シルエットから選ぶ方法です。どのデザインが似合っているか、どの色合いが似合っているかではなく、どの形が一番しっくりくるかを知ることで、コーディネートの参考になります。

シルエットには基本的に4つのパターンがあります。

Iライン:上下細身で、ボリュームや広がり、引き締めのないコーデ

https://goo.gl/6BNxIY

Iラインは着やせ効果があり、カッコいい印象を与えます。大人っぽい雰囲気を出したい時、体のラインが気になる方にはおすすめです。

Aライン;トップスを引き締め、裾に広がりがあるコーデです。

https://goo.gl/m8iiAu

裾にいくほどに広がりがあるので、女性らしいふわふわした印象になります。女の子っぽい雰囲気を出す時にいいですよ。

Yライン:上半身はボリュームがあり、足元はすっきりとしているコーデです。


https://goo.gl/elPrly

とてもすっきりした印象になります。下にいくほどにすっきりとしているので、上品な印象を与えます。逆三角形のシルエットになるので、とてもしっかりとしたイメージになりますよ。

ライン:上下ともにボリューム、広がりがあるが、ウエストを引き締めているコーデです。


https://goo.gl/WLNGqe

ウエストを引き締めているので、腰回りが気になる人にはおすすめですよ。フレアスカートを使えば、ふわりとした印象になります。裾回りに広がりのあるボトムスを使うのもいいですね。

髪型や顔立ち、体型によっても似合うシルエットは変わってきます。どんなシルエットにあこがれるかで選ぶのもありですし、まずは自分が一番しっくりくるシルエットを見つけて、そのシルエットにあったコーディネートを選ぶのもいいですね。
自分に似合うシルエットさえ知れば、後はデザインで選べるので選ぶ基準が自分の中で決まり、選びやすいですよ。

せっかく女性に生まれたのですから、おしゃれを存分に楽しみたいですよね。コーディネート、自分にあった服装選びは難しく感じやすいですが、選び方さえ知れば簡単ですよね。早速服屋さんに行って、自分にあった服を探しに行ってみませんか?

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  2. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  3. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 大切な人との別れ、仕事でのつまづき、…
  4. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  5. 結婚
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット ―そろそろ結婚を考えたい。 ―今つ…
  6. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  7. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  8. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  9. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…
  10. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…

カテゴリー

ページ上部へ戻る