ふんわり清純系 少女のようなラベンダーカラーメイク

  • 2017/4/17

お出かけシーズンがやってきました。温かくなり、晴れ渡り、花も咲きウキウキした気持ちを、ラベンダーカラーのメイクで表現してみてはどうでしょうか?

その1.スキンケア

最近は季節の変わり目とともに、微細粉塵のせいで肌の調子が悪くなる回数が増えた女性の方が多いんですが、このように乾燥した季節には化粧を始める前に、しっとりと水分クリームを塗ってやることが大切です。その中でもURIAGE -ユリアージュ-は他の製品に比べて水分力が長く持続され、肌の保湿膜を守ってくれるラインなので重ね塗りも効果的です。

その2.日焼け止め

春だとしても紫外線はすべての人の肌の敵。軽くてしっとりしたクッションタイプのもので紫外線を遮断してください。このようなタイプの日焼け止めはの中に美白効果が一緒に入っているためにベース用として使うこともできます。特にこの A’PIEUは、野外で長い間いても落ちないタイプなので季節に関係なく使うことができる製品です。

その3.コンシーラーとファンデーション

まずは肌の汚れからコンシーラーを使ってきれいに隠した後、クッションファンデーションを使用してください!クマ、斑点、トラブル、ほてりなどをブラシを活用してできるだけ丁寧に隠し、セミマットな作業感が目立つカバークッションでほお骨とあごを繋げれば見えるVゾーンを中心に塗ります。

その4.アイブロー

毛髪と似たようなカラーで一形の眉毛を描いてください。一度に引かないで、最大限の力を除いた状態で形を整えてください。特に灰色のアイブローは眼の周囲の赤みを鎮め、ラベンダーカラーともたいへんよく似合います。

その5.アイシャドー

上まぶたとアンダー目前はパールがない透明なピンク色のシャドーで薄く一度に塗ってあげて、アンダーラインはゴールドパールが入ったコーラルカラー シャドーで涙袋を生かすように明らかにしてあげます。濃くつけないで最大限軽くタッチしてください。

その6.アイライナー

ブラックペンシルアイライナーを使ってきれいにアイラインを描いてください。目の粘膜とまつげの間はぎっしり埋めるとかえって苦しく映る恐れがあるから軽く擦れるように描いてください。目尻の部分は正確に一字で描くのがいいですし、ブラックアイライナーが瞳の冷たい感じと調和を叶えて目のカラーを一層引き立たせてくれます。

その7.マスカラー

アイメイクの最後の段階ともいえますがまつげを愛ラッシュカーラーでカールした後、全体的にブラウンマスカラを塗ってください。その次は根の部分にだけブラックボリュームマスカラを使ってまつげを満たしてくれるようにレイヤードしてください。まるでツケマヅケをつけたような演出をすることができます。

その8.チーク

イチゴ乳白色のチークは大きなパウダーブラシで転がして頬骨を横切るように広く塗り、ラベンダー色のチークで前の頬骨と上の頬骨を中心にもう一度タッチしてください。特に紅潮があるなら、ラベンダー色のチークを使ってきれいな色に見えるように調節することもできる魔法のカラーです。

その9.リップ

リップはピンクやラベンダー色で花びらのように可愛らしくスムーズに演出してください。特に野外に出ている時間が長ければ長いほど紫外線遮断効果がある製品を使用することが好ましいです。個人的にはエイサムのブルームリップグロー製品やベネフィットのチャチャバームをおすすめします。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スイートポテト
    サツマイモは栄養価もありおやつに向いていますよ。 甘くておいしい。おなかにも優しいので子どもにもい…
  2. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  3. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  4. 嫌われる女性
    皆さんは今気になっている男性はいらっしゃいますか? そして、その男性とそろそろデートする、もし…
  5. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  6. 結婚の
    結婚適齢期を迎え、そろそろ結婚して子供がほしいな~なんて思っても相手がいないとそういうわけにもいきま…
  7. 部屋の模様替えなどをする時、インテリアのバランスなどを気にする女性の方もいらっしゃるでしょう。しかし…
  8. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  9. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  10. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る