ふんわり清純系 少女のようなラベンダーカラーメイク

  • 2017/4/17

お出かけシーズンがやってきました。温かくなり、晴れ渡り、花も咲きウキウキした気持ちを、ラベンダーカラーのメイクで表現してみてはどうでしょうか?

その1.スキンケア

最近は季節の変わり目とともに、微細粉塵のせいで肌の調子が悪くなる回数が増えた女性の方が多いんですが、このように乾燥した季節には化粧を始める前に、しっとりと水分クリームを塗ってやることが大切です。その中でもURIAGE -ユリアージュ-は他の製品に比べて水分力が長く持続され、肌の保湿膜を守ってくれるラインなので重ね塗りも効果的です。

その2.日焼け止め

春だとしても紫外線はすべての人の肌の敵。軽くてしっとりしたクッションタイプのもので紫外線を遮断してください。このようなタイプの日焼け止めはの中に美白効果が一緒に入っているためにベース用として使うこともできます。特にこの A’PIEUは、野外で長い間いても落ちないタイプなので季節に関係なく使うことができる製品です。

その3.コンシーラーとファンデーション

まずは肌の汚れからコンシーラーを使ってきれいに隠した後、クッションファンデーションを使用してください!クマ、斑点、トラブル、ほてりなどをブラシを活用してできるだけ丁寧に隠し、セミマットな作業感が目立つカバークッションでほお骨とあごを繋げれば見えるVゾーンを中心に塗ります。

その4.アイブロー

毛髪と似たようなカラーで一形の眉毛を描いてください。一度に引かないで、最大限の力を除いた状態で形を整えてください。特に灰色のアイブローは眼の周囲の赤みを鎮め、ラベンダーカラーともたいへんよく似合います。

その5.アイシャドー

上まぶたとアンダー目前はパールがない透明なピンク色のシャドーで薄く一度に塗ってあげて、アンダーラインはゴールドパールが入ったコーラルカラー シャドーで涙袋を生かすように明らかにしてあげます。濃くつけないで最大限軽くタッチしてください。

その6.アイライナー

ブラックペンシルアイライナーを使ってきれいにアイラインを描いてください。目の粘膜とまつげの間はぎっしり埋めるとかえって苦しく映る恐れがあるから軽く擦れるように描いてください。目尻の部分は正確に一字で描くのがいいですし、ブラックアイライナーが瞳の冷たい感じと調和を叶えて目のカラーを一層引き立たせてくれます。

その7.マスカラー

アイメイクの最後の段階ともいえますがまつげを愛ラッシュカーラーでカールした後、全体的にブラウンマスカラを塗ってください。その次は根の部分にだけブラックボリュームマスカラを使ってまつげを満たしてくれるようにレイヤードしてください。まるでツケマヅケをつけたような演出をすることができます。

その8.チーク

イチゴ乳白色のチークは大きなパウダーブラシで転がして頬骨を横切るように広く塗り、ラベンダー色のチークで前の頬骨と上の頬骨を中心にもう一度タッチしてください。特に紅潮があるなら、ラベンダー色のチークを使ってきれいな色に見えるように調節することもできる魔法のカラーです。

その9.リップ

リップはピンクやラベンダー色で花びらのように可愛らしくスムーズに演出してください。特に野外に出ている時間が長ければ長いほど紫外線遮断効果がある製品を使用することが好ましいです。個人的にはエイサムのブルームリップグロー製品やベネフィットのチャチャバームをおすすめします。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. サプリメント
    手軽に必要な栄養素を取り入れることができるサプリメント。興味はあるけど、何を飲んだら良いのかわからな…
  2. 最果て
    グローバル化がすすむ中で日本人に求められていることはなにか? といった議論はあちこちで耳にします。…
  3. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  4. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  5. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  6. お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ
    せっかくのゴールデンウィーク、楽しみたいけどお金はかけたくない…という方もいるのではないでしょうか?…
  7. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  8. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  9. あべのハルカス
    東京に続く日本の大都市「大阪」。大阪と言えばたこ焼きにお好み焼きとおいしいものがたくさんです♪ そ…
  10. 玉子焼き
    “玉子焼き”、というとお弁当や朝ごはんの定番ですね。でも、忙しい朝、何度もひっくり返して焼き加減を見…

カテゴリー

ページ上部へ戻る