英国生まれの上質ウーマンズシューズ

  • 2017/3/1

イギリスは上質で高級な洋服や靴などのブランドがたくさんあります。質が良いけどお値段がはる物が殆ど。わたしは一般レベルの働く主婦なのでお値段が高い物は購入しません。でもあまり高くなく、品質がとても良い歴史あるシューズブランドもあります。
そこでわたしがお気入りの上質ウーマンズシューズをご紹介します。日本でも購入できるブランドなので、ぜひ参考にしてみてください。

⚫Clarks / クラークス

1825年創業のClarks。イギリスの老舗ブランドです。Clarksの始まりは屋内用の靴。家の中でも靴を履く習慣のあるイギリスでは、家に帰ると柔らかいシープスキンのClarksの靴に履き替えたそうです。わたしたちのスリッパみたいなものですが、イギリスでは踵もあってスリッパよりもしっかりした屋内用の靴だったみたいです。
写真は昔も今もずっと売れているデザートブーツ。なんとデザートブーツが最初に発売されたのは1950年。流行にとらわれないデザインでおしゃれ!このデザートブーツ、実はどんなファッションにも合うんです。色も豊富で薄いベージュ、濃いベージュ、茶色だけでも何種類もあり、ネイビーや水色、ワインレッドなどもあります。素材が柔らかく、軽いのでどんどん歩けるのも魅力的なClarksのデザートブーツです。


Clarksのデザートブーツをかっこよく履いたコーディネート。主張しすぎないデザインが素敵です。


http://www.clarks.co.uk/c/originals-womens/wallabees

Clarksの定番、ワラビー。丸みのあるデザインがワラビーが赤ちゃんをお腹の袋に包み込んでいるイメージからこの名前がついたそうです。体全体を支えている足の衝撃を最小限にするために開発された厚いゴムが底に使われています。
誰でも見たことがあるワラビーのデザイン、Clarksだったんだ!とわたしはイギリスに移住してから気が付きました。流行にこだわらないのにとてもおしゃれなデザイン。ワラビーもデザートブーツ同様に色が豊富にあります。

⚫Dr.Martens / ドクターマーチン

http://www.schuh.co.uk/brands/dr-martens/

1947年にドイツ人医師クラウス・マーチンによって作られたブーツが始まりです。ゴムタイヤを靴底に使った長持ちのするブーツは当時ドイツで40歳以上の主婦に人気があったというから驚きです。当時の主婦労働をするのに適していたということでしょうか。
1950年にはいってイギリスに特許が渡り、踵のデザインをイギリス人用に狭くし、黄色いステッチを施した現在のドクター・マーチン・ブーツのデザインになりました。
1970年代に入ってイギリスのパンクロックファッションとして一世を風靡しましたが、今でも変わらず世界中の人々から愛されているDr. Martens。つま先に鋼の入ったタイプのブーツが1980年代後半日本で流行ったので、男性の靴というイメージがありましたが現在はユニセックスな人気が安定してますよね。


わたしの一番好きなワインレッドのドクター・マーチン・ブーツ。甘いコーディネート
にもぴったりです。とても可愛い!最近はメタリック素材のものやコミックアニメとのコラボもの、花柄のものなどブーツの種類が多くなってきているんですが、洋服とのコーディネーションがちょっと難しそうです。


子供サイズもあってなかなか可愛いのですが、成長真っ盛りの子供の足にはちょっとゴツいかな、なんて思います。でもイギリスの子供は大人顔負けの革靴を履いて足元もおしゃれにしている子供もよくいるのでDr.Martensの子供靴も需要があるのでしょう。
Dr.Martens、かっこよくてキュートです!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  2. 20代女子に観てもらいたい定番映画第四弾です その4 「グッド・ウィル・ハンティング」 信じ…
  3. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  4. 結婚
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット ―そろそろ結婚を考えたい。 ―今つ…
  5. 足の美しい女性
    私たち日本人が外国人の女性を見て「足長くていいなぁ」「スタイルよくて羨ましい」という会話をするのは、…
  6. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  7. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  8. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  9. 相変わらず人気のパンケーキ。カラフルなトッピングのものも多く、食べるとちょっと幸せな気持ちになります…
  10. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…

カテゴリー

ページ上部へ戻る