皆大好きマヨネーズ!GWは親子で楽しい『食育』アトラクションに!

  • 2015/6/18
マヨネーズ

みんな大好き『マヨネーズ』は、どうやってつくられているのでしょう? マヨネーズが日本に誕生したのは1925年、キューピーが製造・販売をはじめました。キューピーではオープンキッチンをテーマに、昭和36年に工場見学を開始。現在は、全国5か所の工場に、年間8万人もの見学者が訪れるそうです。 

さて、本題に入る前にクイズです。
日本国民1人当たりの、年間たまご消費量は、世界第何位でしょう?
答えは記事の最後で。

では、さっそく、茨城県は五霞(ごか)工場のオープンキッチン(工場見学)をみてみましょう。所要時間1時間半。無料。完全予約制。
お申し込みはこちらから。

1.まずは概要説明から。会社の歴史やマヨネーズのヒミツについてききます。

2.マヨネーズの作り方や野菜についてのビデオを鑑賞。
アニメ仕立てなら、子供も飽きずに見ることができそうです。

3.続いて、マヨネーズ・ドレッシング・卵割などの製造ラインを見学します。
おもしろそう! 子供も大人も夢中です。

実際に足を運んだママ友が言うには、一番の見所は、卵わり機(割卵機)。目にもとまらぬ速さで、卵が割られていく様子は、まさに圧巻!
しかも、割られたあと、ちゃんと、卵黄と卵白に分けられているそうです。

4.最後は、ドレッシング試食。
いろいろなドレッシングをたっぷりかけて、いただきま~す!
たった今、製造ラインをみてきたドレッシング、普段とはまたちがった味わいがあるかもしれませんね。

ところで、2014年に東京調布にオープンした、『マヨテラス』には行かれましたか?こちらは、美味しいマヨネーズを届ける数々の工夫など、マヨネーズにまつわるいろいろを、体感しながら学べる見学施設。新宿から京王線快速で17分、仙川駅下車徒歩7分というアクセスの良さです。完全予約制。
お申し込みはこちらから。

試食しながらマヨネーズの新しい美味しさを発見できる『キューピーキッチン』。
http://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/attraction/index.html

マヨネーズに使うたくさんの卵をどうやって割るのかを知ることができる、『ファクトリーウォーク』。キューピーは、マヨネーズをはじめとした各種製品に、日本で生産される約10%、約25トン(!!)の卵を使用しているそうです。 

親子で楽しみながら、食育もできるなんて、まさに一石二鳥!これを機に、食べ物に対するお子様の興味もひろがるかもしれません。

さて、お楽しみのクイズの答え。 日本国民1人当たりの、年間たまご消費量は、なんと『世界第1位』だそうです。 その数、なんと330個! たまごがふんだんに使われたマヨネーズが愛されるのも納得、の数字ですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 大切な人との別れ、仕事でのつまづき、…
  2. 大好きな人との結婚。結婚式の準備に新居の相談、何もかもが楽しい時期ですよね。特に結婚式は自分が主役に…
  3. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  4. 軽井沢
    今、長野県の軽井沢ではお洒落で美味しいモーニングを出すお店が増えています。ペンションに泊まった翌朝は…
  5. 脱毛
    誕生日にTBCのクーポンが送られてきたので気軽にワキの脱毛のお試しを受けました。私自身今通っているサ…
  6. 富山市ファミリーパークは、富山県富山市にある動物園です。呉羽丘陵の里山を生かした園になっており、飼育…
  7. 北海道旅行
    北海道は人気の旅行先として不動の地位を築いていますが、特にゴールデンウィークの時期、冬が終わりどんど…
  8. (著作者:Yoshikazu TAKADA) 冬から春に変わりつつある季節の変わり目には、衣替えと…
  9. 世界的な歌姫、「ビヨンセ」が試して結果を出したと話題になっているという「マスタークレンズダイエット」…
  10. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る